ホーム > 住いの知識 > GL工法

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet GL工法





  





 3. GL工法の施工手順

 つぎに、GL工法の施工手順(張り方)を書きましょう。

 GL工法の施工手順
GL工法用 専用工具
写真:タイガ−コーナ―ビ−ト(出隅補強用)
写真:タイガ−クリンチャ−(コ−ナ−ビ−ト固定用工具)

タイガーとは吉野石膏株式会社のトレードブランドです。
まず最初に下地面を清掃します。
次に、プライマーを塗布します。

写真:タイガ−GLボンドの塗りつけコテでコンクリ−ト面にダンゴ状に塗りつけていきます。

 写真:タイガ−ボ−ドの圧着、調整タイガ−ボ−ドを壁に押しつけるようにし、軽く手でたたいて徐々に接着させながら、墨線に合わせていきます。

施工上の注意
・下地へのプライマ−塗布
・GLボンドの塗付ピッチ、充分なGLボンドの塗付量(塗付作業では下こすりを行い、富士山形になるように上下左右にコテ圧をかける)
・タイガ−ス−パ−ハ−ドのGL工法は、タイガ−ボ−ド(下張り)の二重張り工法などします。

GLボンド塗付の注意
GLボンドのピッチを守る
GLボンドの接着力は、接着面積に左右されますから、塗付ピッチを省くことは、ただちに剥離現象につながります。

ダンゴ(塗付量)を充分に
1回に塗付けるボリュウムを省くと接着力を発揮する有効面積が少なくなり、剥離現象につながり極めて危険です。

塗付方法、下こすり! コテ圧!
富士山形になるように上下、左右に塗付ける





以上の写真及びイラスト、黒字記事はすべて吉野石膏株式会社の記載のまます。


GL工法のGLボンドの写真です。ダンゴ状といってもこのように食べ物のように綺麗な状態ではありません。向こう側に既に張り終えたボードが見えています。

写真A(出典:建築職人物語)




張り終えた後の壁です。天井の方がたくさん写っていますが、壁部分をご覧ください。白く帯状に見えるのは、ボードとボードの合わさった部分をパテでしごく(塗った)ところです。丁寧な仕事では、寒冷紗を張ってパテ塗りとしますが、最近は殆ど見かけなるなりました。


写真B(出典:建築職人物語)












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.