ホーム > 住いの知識> 押出成形セメント板 アスロック

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 押出成形セメント板アスロック


1. はじめに アスロック
  とは何か

2. アスロックの特長

3. アスロックの製造工程

4. アスロックの基本性能

5. アスロックの遮音性能
   耐火性能

6. アスロックの分類

7. アスロックの形状分類

8. アスロックの張り方

9. アスロックの変位追従
  性能

10. アスロックにタイルを
   貼る 1

11. アスロックにタイルを
   貼る 2




 
 9. アスロックの変位追従性能

 アスロックの縦張り工法と横張り工法は共にALCのロッキング工法やスライディング工法と同様の考え方に基づいて、層間変位に対して追従出来るように計画されています。

 層間変位時のシーリング材を適正に使用の場合の目安を1/300として目地幅の適正な確保をした場合、追従できるとするものです。この場合、シーリング材は切れずに再使用が可能になります。

 アスロックの縦張りではロッキングで、横張りではスライドで追従します。概略は下記のとおりです。


縦張り工法
 縦張りのアスロックは、層間変位時はロッキングで追従します。

結果横目時には、層間変位時に必要な目地幅は、2ミリ(二成分形変成シリコーン系シーリング材を使用した場合は4.4ミリ)が必要です。

縦張りロッキング工法では、横目地を10ミリ以上確保しますので安全です。


横張り工法
 横張りのアスロックは、層間変位時はスライドで追従します。結果横目時には、層間変位時に必要な目地幅は、2ミリ(二成分形変成シリコーン系シーリング材を使用した場合4.4ミリ)が必要です。

横張りロッキング工法では、横目地を10ミリ以上確保しますので安全です。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.