ホーム > 住いの知識 > ブロック塀

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ブロック塀

 
1.はじめに ブロック塀法的
  分類とその関連条文
         
2.組積造としてのブロック塀
   (建築基準法)

3.補強コンクリートブロック
  造としてのブロック塀
  (建築基準法)
  
4.補強コンクリートブロック
  造の塀の建築基準法解説

5.補強コンクリートブロック
  塀の高さと基礎の関係

6.補強コンクリートブロック
  造の塀の高さの算定

7.補強コンクリートブロック
  造の塀の壁厚さ
 
8.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の仕様

9.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋の仕様

10.補強コンクリートブロック
  造の塀の控え壁

11.補強コンクリートブロック
  造の塀の縁切りと端部
  仕様

12.補強コンクリートブロック
  造の塀の透かしブロック
  とは

13.補強コンクリートブロック
  造の塀のブロックと鉄筋

14.補強コンクリートブロック
  造のブロックの種類と
  用途

15.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋

16.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の配筋

17.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル1

18.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル2

19.補強コンクリートブロック
  造の塀の組石時の注意
  事項

20.補強コンクリートブロック
  造の塀への地方自治体
  の対応



 17. 補強コンクリートブロック造の塀の鉄筋のかぶりとモルタル1

 コンクリートブロックに関しては建築基準法施行令 第62条8によっても材質、強度度、等に性能に記載がなく、市販のものであれば間違いではないのですが、(社)日本建築学会のコンクリートブロック塀設計規準7条ブロック塀をつくるための設計・施工全般を建築基準法より細かく、推奨される数値などの規準を定めている)が示されているため、より安全を考慮し、これに従うこととしました。

構造の部分
かぶり厚さ(o)
壁体・ブロック造の控え壁または門柱 20
ブロック壁体、ブロック造の控え壁または門柱 20
(ブロック内面から鉄筋までの距離)
直接土に接する基礎及び基礎立上がり部分 40
基礎スラブ 60
(捨てコンクリートの部分を除く)

モルタル
@
目地モルタル及び充填モルタルの4週圧縮強度は18N/mm2以上とします。下表に示す調合で規定値は上回ることが出来ます。
A
モルタルに用いるセメントは、JIS R 5210(ポルトランドセメント)に定められている
B
普通ポルトランドセメントとする。モルタルに用いる砂のうち目地モルタルには最大粒径2.5oのものを使用します。また、充填用のモルタルの骨材の最大粒径は5.0oとします。


用途
セメント
備考
 目地用
1
2.5
 消石灰を混ぜるときは、0.2入れる
 化粧目地用
1
1
 適量の防水剤をまぜる
 充填用
1
2.5
 軟らかさはブロックの吸水状態を見て決 める











 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.