ホーム > 住いの知識 > ブロック塀

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ブロック塀

 
1.はじめに ブロック塀法的
  分類とその関連条文
         
2.組積造としてのブロック塀
   (建築基準法)

3.補強コンクリートブロック
  造としてのブロック塀
  (建築基準法)
  
4.補強コンクリートブロック
  造の塀の建築基準法解説

5.補強コンクリートブロック
  塀の高さと基礎の関係

6.補強コンクリートブロック
  造の塀の高さの算定

7.補強コンクリートブロック
  造の塀の壁厚さ
 
8.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の仕様

9.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋の仕様

10.補強コンクリートブロック
  造の塀の控え壁

11.補強コンクリートブロック
  造の塀の縁切りと端部
  仕様

12.補強コンクリートブロック
  造の塀の透かしブロック
  とは

13.補強コンクリートブロック
  造の塀のブロックと鉄筋

14.補強コンクリートブロック
  造のブロックの種類と
  用途

15.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋

16.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の配筋

17.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル1

18.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル2

19.補強コンクリートブロック
  造の塀の組石時の注意
  事項

20.補強コンクリートブロック
  造の塀への地方自治体
  の対応



 6. 補強コンクリートブロック造の塀の高さの算定

 補強コンクリートブロック塀の高さは建築基準法の条文だけでは、構造上十分に安全ではありません。なぜなら、建築基準法に沿って作られた補強コンクリートブロックの塀であっても、倒壊しいる事実があるからです。そこで、このページ以降については、(社)日本建築学会編によるコンクリートブロック塀設計基準がまとめられているため、それに沿って解説します。以降は省略して、単に「設計基準○条の」で表示します。

 補強コンクリートブロック塀の高さは低い位置の地盤面から測ることします。その算定基準を図にまとめました。(設計基準3条の3)


    補強コンクリートブロックの塀の高さの算定ケース
@

一般的なケースです。敷地内外に高低差がない場合がこれにあたります。
A

敷地の内か外に簡易な側溝がある場合、または、両方に簡易な側溝がある場合などです。こうした場合、基礎の深さが簡易な側溝の下からとするのが構造上確かです。従って高さもここからとなります。
B

敷地の外側に頑丈なコンクリート製の側溝(JIS規格)がある場合。例えば道路の側溝がある場合などです。現場で造ったコンクリート製の側溝の場合は、安全上支障がないものと考えてよいでしょう。
C

敷地の内外に高低差がある場合。
低い方の地面からの高さとなります。また、基礎の深さも低いほうからの算定となります。もし、高い方の地盤とした時には、高さの歯止めがなくなる恐れがあります。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.