ホーム > 住いの知識 > ブロック塀

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ブロック塀

 
1.はじめに ブロック塀法的
  分類とその関連条文
         
2.組積造としてのブロック塀
   (建築基準法)

3.補強コンクリートブロック
  造としてのブロック塀
  (建築基準法)
  
4.補強コンクリートブロック
  造の塀の建築基準法解説

5.補強コンクリートブロック
  塀の高さと基礎の関係

6.補強コンクリートブロック
  造の塀の高さの算定

7.補強コンクリートブロック
  造の塀の壁厚さ
 
8.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の仕様

9.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋の仕様

10.補強コンクリートブロック
  造の塀の控え壁

11.補強コンクリートブロック
  造の塀の縁切りと端部
  仕様

12.補強コンクリートブロック
  造の塀の透かしブロック
  とは

13.補強コンクリートブロック
  造の塀のブロックと鉄筋

14.補強コンクリートブロック
  造のブロックの種類と
  用途

15.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋

16.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の配筋

17.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル1

18.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル2

19.補強コンクリートブロック
  造の塀の組石時の注意
  事項

20.補強コンクリートブロック
  造の塀への地方自治体
  の対応



 9. 補強コンクリートブロック造の塀の配筋仕様

 鉄筋に関して建築基準法施行令 第62条8の2〜5号によっても間違いではないのですが、(社)日本建築学会のコンクリートブロック塀設計規準(ブロック塀をつくるための設計・施工全般を建築基準法より細かく、推奨される数値などの規準を定めている)が示されているため、より安全を考慮し、これに従うこととしました。下表もそれをまとめたものです。

 鉄筋は、JIS G 3112(鉄筋コンクリート用棒鋼)、JIS G 3117(鉄筋コンクリート用再生棒鋼)に定められているSD295A(異形鉄筋)、SDR295(異形鉄筋)以上のものを使ってください。

 たて筋は、ブロックの空洞部分で重ね継ぎをしていけません。基礎に鉄筋径の40倍以上の長さを埋込み、1本もので塀の高さ分立ち上げます。鉄筋は、一般に直径10mmの節のついた異形鉄筋を使い、間隔は40cm〜80cmで入れます。


控壁
塀高さ
空洞ブロック
化粧ブロック
共通
縦筋間隔
ブロック長さ
縦筋間隔
横筋間隔
あり
1.6m以下
80以下
80以下
60以下
80以下
90以下
45以下
1.6mを超える場合
40以下
40、50、60以下
60以下
80以下
90以下
45以下
なし
1.2m以下
80以下
40、50、60以下
60以下
80以下
90以下
45以下
1.2mを超え
1.6m以下
40(80)以下
40、50、60以下
60以下
80以下
90以下
45以下



  








 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.