ホーム > 住いの知識 > ガラス

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ガラス


1. ガラスの名の由来と
  起源 

2. ガラスの歴史

3. ガラスの原料

4. ガラスの種類1

5. ガラスの種類2

6. ガラスの選定上の
  注意

7. ガラスのメンテナンス



 
 5. ガラスの種類 2

 建築用のガラスの種類は、その用途に応じてさまざまなものが用意されています。しかし、それらを全て織り込んだ製品はありません。近年の防犯防火を考えますと、更に安価で、これらに対して安全性のある、製品が望まれます。

表は前頁からの続きです。

ガラス
の種類
構成や仕組み
特徴
7
強化ガ
ラス

板ガラスを約700度まで加熱した後、ガラス表面に空気を吹きつけ、均一に急冷し、表面に圧縮層を持たせます。








同じ厚さのフロート板ガラスに比べると3〜5倍の強度を持つため、割れにくく、万一割れた場合にはガラス全面が粒状になるので安全面での特徴があります。住宅、学校やオフィス、デパート、高層ビル、ドアのガラスに強化ガラスをよく見かけます。

   
 壊れた状態が粒状です。
   出典:日本板硝子
8
板ガラス
板状のガラス。一般的に厚みの大きいガラスの総称です。歪みのない綺麗な平滑面を持つ、ガラスと言えば板ガラスをさす、ガラスの代名詞です。


型板ガラスは製造工程で、模様をつけたり、磨りを入れたり片面を加工し、不透明なガラスをいいます。


フロートガラスは板ガラスの一種で、両面が綺麗な平滑面を有した透明ガラスです。


網入りガラス、網を入れたガラスで、主に防火や地震などの破壊に散乱しない目的に使用されます。

建築では、透明ガラスをフロートと呼び、不透明なガラスを型板とよんでいます。網入りは防火戸としての必須条件なので、網入りといえば知らない人はいません。

鏡は板ガラスから作られます。
9
熱線吸
収ガラス
熱線を吸収するガラスです。日射熱を吸収することにより、ガラスを透過する熱の量を抑えます。

ビルの大きなガラス壁面が綺麗に輝いているを見掛けます。大抵がこれらのどちらかです。いずれも板ガラスの加工したものです。
熱を吸収・反射することのメリットは、差し込む日射の量を抑え、暑さを軽減し、冷房負荷が軽減されるのです。省エネに役立ちます。
10
熱線反
射ガラス
表面の金属酸化物を焼き付けてあり、日射光線を反射します。
11
鏡、カラ
ーガラス
     
(1)板ガラスをよく洗浄し、片面に銀を吹きつける

(2)銀の上に胴を吹き付ける

(3)銅を保護する塗料を塗る

(4)乾燥させる

  カラーガラス
フロート板ガラスの片面に特殊塗料を焼き付たカラフルな内装材です。



板ガラスの優れた平滑性を生かして鏡が作られます。

カラーガラスは色塗装の上に保護塗装を施してありますので、はがれや褐色の心配がなくガラス表面の美しい輝きが半永久的です。インテリアからコマーシャルスペースなどに使用されます。
12
装飾ガ
ラス

ガラスの片面あるいは両面にエッチングを施すもの。エッチングにも深い浅いのアクセントも可能。ガラスとガラスの間に和紙やフィルムをはさんだものなどがあります。

装飾ガラスは不透明なタイプを選んでも、シルエットや光は豊かに入るので、スペースに広がりと奥行きが感じられます。


    出典:日本板硝子












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.