ホーム > 住いの知識 > 合板

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 合板


1. 合板とは何か

2. 合板の特長

3. 合板はこうして造ら
  れる

4. 合板の分類 
  使用樹種別分類

5. 合板の分類 
  接着性能別分類

6. 合板の分類 
  構造別分類

7. JAS規格のある合
   板ない合板

8. 合板の規格・種類・
  用途別性能・用途

9. 合板の用途先

10. 合板のサイズ

11. 合板の兄弟・
   木質ボード類

12. プリント合板に
   ついて

13. フローリングに
   ついて

14. フローリングの張り
   方(張り形状)




  3. 合板はこうして作られる

 製造工程を簡略して説明しますと、下記のようになります。(ラインによる合板製造工程)





画像出典:サンテック事業部 


なお画像は、単板積層材(LVL)と呼ばれる製品の工程図です。一般的な合板であるベニヤコア合板のものではありあせんが工程は変わりません。単板積層材はベニヤコア合板のように単板を交互に貼り合わせず、同じ向きに貼り合わせるものです。



  1.原木
 伐採、運搬されてきた原木には、国内材、国外材があります。国産材は、間伐材や小径木を使用します。


  2.原木玉切り
 原木を定めた長さに切断機(チェンソー)にて切断します。


  3.原木切削/ロータリーレース
 ロータリーレースと呼ばれる機械で大根のカツラムキをのように原木をむいて(切削) 薄い単板を作製。(厚さ0.6mm〜5.0mm位)単板巻取り・巻戻し/リーリング・アンリールデッキむいた単板をリールに巻き取ります。木目の美しさを重視する家具用の合板(突板のケース)の場合スライサと呼ばれる装置を用いて、平削りによって単板を作ることもあります。


  4.単板乾燥/単板乾燥機(ドライヤー)
単板をボイラーからの蒸気・熱(130〜170度)によりドライヤーで乾燥させます。 単板切断/クリッパー乾燥させた単板を裁断します。


  5.調板(選別・補修・仕組)
単板を補修したり、小巾板をハギ合わせる単板を表裏用、しん板用に分けて仕組みをします。


  6.接着剤塗布
合板の用途に応じて、単板を繊維方向を互い違いに表板、中板、裏板の順に重ねて、単板それぞれの板にに接着剤を塗布し板の層を作ります。


  7.冷圧
接着した合板を常温で仮圧締します。(20分位)


  8.熱圧
110〜135度の温度をかけて8〜12kgf/平方センチメートルの圧締し接着剤を熱硬化させ成形します。(この装置を横置式にしたものもある)


  9.寸法裁断
合板の四方の端を切断し、所定の寸法にします。


  10.研磨仕上げ
合板の表面を平滑に研磨する


  11.検査
一枚一枚検査して不良品を取り除きます。


  12.出荷
いよいよ出荷となります。










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.