ホーム > 住いの知識 > 合板

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 合板


1. 合板とは何か

2. 合板の特長

3. 合板はこうして造ら
  れる

4. 合板の分類 
  使用樹種別分類

5. 合板の分類 
  接着性能別分類

6. 合板の分類 
  構造別分類

7. JAS規格のある合
   板ない合板

8. 合板の規格・種類・
  用途別性能・用途

9. 合板の用途先

10. 合板のサイズ

11. 合板の兄弟・
   木質ボード類




  4. 合板の分類 使用樹種別分類

 最近では、地球環境保護の世界的な動きのなかで、広葉樹から針葉樹への、原材料の転換が進められており、現在では針葉樹合板の生産量は国内生産量の約6割を占めています。

■合板に使用される主な樹種

 樹種は葉の形状から区別し、「針葉樹」と「広葉樹」に分類されます。広葉樹での合板を「広葉樹合板」、針葉樹での合板を「針葉樹合板」と分けることができます。複合合板は針葉樹と広葉樹を混合したものです。更に、国産材と外材に分類できます。

 合板に使用されるおもな樹種
 広葉樹合板
国産材
シナ カバ セン ブナ  ナラ等
外 材
ラワン類 PNG材 アフリカ材等
 針葉樹合板
国産材
カラマツ エゾマツ スギ アカマツ等
外 材
北米:
ベイマツ ベイツガ スプルース サザンパイン等

北洋:
カラマツ エゾマツ オウシュウアカマツ等

その他:
ラジアータパイン「ニュージーランド,チリ」
 複合合板
国産材
広葉樹・針葉樹を混合したもの。
外 材
外材の広葉樹と針葉樹の複合材。


簡単に針葉樹のと広葉樹の特徴を下記あげましたが、詳しくは「木材の種類・特徴・用途」というページに記載しています。よろしければ参考にしてください。

  針葉樹とは
 針葉樹は、主に針や鱗(うろこ)のように細かい葉を持った木。樹木の祖先は、針葉樹といわれています。
1 生長の特性として、針葉樹は、日光を得る
  ため高く 上にのびて競争しようとします。

2 材木の特徴として、まっすぐで軽く加工しや
  すいものが多い。

3 代表的なものとしてスギやヒノキ、マツの仲
  間が上げられます。


針葉樹の例:杉

  広葉樹とは
 広葉樹は、平たい葉を持った木をさします。樹木の祖先は、「針葉樹」といわれ、「広葉樹」は、「針葉樹」のある種が、太陽の光をたくさんあびることができるように葉を広げ、変化したものと考えられています。
1. 生長の特性として、広葉樹は、枝葉を大きく
  張り、日光を多く受けることで生き残っていこ
  うとします。

2. 材木の特徴として、重く木目が変化にとんだ
  ものが見られます。

3. 代表的なものとして、ブナやケヤキなどがあ
  げられます。


広葉樹の例:ケヤキ










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.