ホーム > 住いの知識 > 幅木

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 幅木










 4. 幅木の種類
 
 幅木の種類は分けると下記のようになります。幅木の収め方は、次の3種類のいづれかです。収め方としては、床仕上げや壁仕上げの都度変わりますので、ざっと150近くはあるのではないでしょうか。
   
1.
出幅木
(ではばき)
出幅木は文字通り壁面より出た幅木です。幅木の納め方としては、もっともポピュラーなものです。 幅木の壁面からの出はその使用する材料により、違ってきますが、薄くては数ミリ、厚くて15ミリが標準でしょうか。どの部屋にも出入り口が一箇所は必ずあります。その、出入り口戸の枠のチリより出っぱらないように注意が必要です。もし、枠のチリより出っ張ってしまうと、大変見苦しい納まりになってしまいます。こうした納め方になってしまっている建物は、私たちの周りにはかなり多く見かけます。

2.
入り幅木
(いりはばき)
入り幅木は、出幅木とは対照的に壁面より引っ込んでいる納め方です。高級感があります。また、出幅木のように出っ張った部分に埃が溜まったりしません。出幅木に比べて、綺麗に納め方が難しく、壁材の下端(したば)も損傷のない綺麗なものを使用する必要もあります。また、その壁の下端が損傷すると、出幅木のように幅木だけを替えるわけにもいかず、修復が大掛かりになります。施工も面倒でもあり出幅木に比べると、余り使用されません。

3.
同面幅木
(どうづらはばき)
同面幅木とは、壁面より出っ張りもせず、引っ込んでもいず、壁と同じ面上にある幅木のことです。同面幅木には下記の二種類があります。
 1. 目地幅木 これには、壁に横目地を入れて目地より下を色を 変えたり、仕上塗を変えたりしたものです。幅木も壁も同じ材料で出来ています。例えば、鉄筋コンクリートの階段や厨房のような水を使う場所に設ける防水膜の抑えとしてよく使用されます。
 2. 異種材の同面幅木。例えば壁はコンクリートで、幅木はステンレス製など。幅木が同面で納まるように幅木分のコンクリートを切り欠いておきます。手間がかかり、費用も割高です。

出幅木の一例。床は住宅では珍しく石張り(床暖となっており高級)、壁クロスで幅木は床石とと同材。高さは60ミリ。


出幅木の二例。床はよく使われるフローリング、幅木も同材。幅木でも床材でも写真の様に濃い目だと、汚れ埃、傷が目立ちやすい。













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.