ホーム > 住いの設備 > 避雷針設備

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 避雷針設備











 

  

   とは








 
 8. 避雷設備(避雷針)の基本的しくみ
  

避雷設備の避雷針は通常左図のようなしくみです。設置義務のあるのは、20m以上の高さの建物です。義務の有無だけで、20m以下の建物には雷が落ちないという意味ではありません。どんな建物でも落ちる可能性はあります。

1.避雷針は通常建物の一番高い屋上部にもうけられます。

2. そこに落ちた雷は左図の矢印の方向に導かれます。この雷の電流を導く物を導体と呼びます。通常は電気を流しやすい胴線の束です。この線はコンクリートの建物ではコンクリートの中に埋め込みます。

  地上付近で取り出し、建物以外の部分の地中に埋め込み放電させます。これをアースといいます。




避雷針の8/15〜9/15ページへ移動する






















 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.