ホーム > 用語辞典 > 図解建築用語 生き物編

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 図解建築用語 生き物編 


 あ 蟻(アリ)

 あ 鮟 鱇(アンコウ)

 い イスカ(イスカ)

 い 稲 子(イナゴ)

 い 犬 釘(イヌくぎ)

 い 犬走り(イヌばしり)

 う 鶯張り(ウグイスばり)

 う 馬(ウマ)

 う 馬乗り目地
   (ウマのりめじ)

 え 海老束(エビづか)

 か 蛙 股(カエルまた)

 か 鰹 木(カツオぎ)

 か 亀の尾(カメのお)

 か 鴨 居(カモい)

 き キャットウォーク
 (キャット=ネコうぉーく)

 け 懸 魚(けギョ)

 け 螻 羽(ケラば)

 さ 鯖の尾(サバのお)

 さ 猿
   (サル)

 さ 猿頬天井
   (サルぼおてんじょう)

 し 獅子垣窓
   (シシがきまど)

 し 蛇腹(ジャばら)

 し 蛇の目(ジャの目)

 す 雀 口(スズメぐち)

 た 蛸(タコ)

 た 狸堀り(タヌキぼり)

 ち 千鳥格子
   (チドリごうし)

 ち 蝶 番
   (チョウつがい)

 ち 狆潜り(チンくぐり)

 つ 鶴 嘴(ツルはし)

 と 鳶(トビ)

 と 鳶 口(トビぐち)

 と 虎ロープ(トラろーぷ)

 と 蜻 蛉(トンボ)

 な 海鼠壁(ナマコかべ)

 な 鯰 棚(ナマズだな)

 ね 猫 車(ネコぐるま)




     
 蛇腹(ジャばら)

 蛇(へび)の腹のような伸縮する形状や模様のことを「蛇腹(じゃばら)」といいます。下の図の左側は蛇(へび)の腹の部分を描いたものです。一番大きな模様の部分を見れば、右側の蛇腹ホースと形状がよく似ています。伸縮するホースが出来て、蛇腹ホースと名付けられたものなのか、蛇の腹を見てこの形状のホースが開発された物かは判然としませんが、どちらも形状だけでなく、自在に伸縮することも似ています。
 蛇腹で見かけるものは多数ありますが、一例をあげると下記のようなものがあります。
@  組み立て式カメラや引き伸ばし機で、レンズと本体とをつなぐ、
   遮光性で折りたたみ式の伸縮自在の部分。

A  建物の軒や壁の最上部などに帯状に巡らした、刳形(くりかた)
   のある突出部分。胴蛇腹や軒蛇腹などがある。
   建具などに装飾的に用いるくりぬいた板。多くはある形を
   連続して用い、模様をつくります。

B  衣服や帽子の装飾としてつける波状のテープ。

C アコーディオン・提灯(ちょうちん)などの胴体の、伸縮する部分。

最も身近なものでは、洗濯機の排水ホースがあります。
    蛇の腹。即ちジャバラです。
蛇腹ホース




 蛇の目(ジャのめ)

 蛇の目(じゃのめ)とは、大小二つの同心円からなる模様のことです。。ヘビの目ににていることから名づけられたものです。蛇(へび)の目は全体として露出している部分は円形に近いのです。よく見れば瞳の部分は縦長の楕円形を描いています。蛇の仲間の多くは下の図の目のよりワニの目の瞳のように、細い縦長となっています。
人間の瞳もよく見れば円形ではありません。縦長なの楕円で同じです。
蛇の目(じゃのめ)の名のつくものは多のですが、どれも大小の同心の正円で出来ています。

蛇の目のつく物の例を上げてみますと、建築では、肘壺(ひじつぼ)と呼ばれる蝶番の一種の上下の可動部の間に入れられるワッシャーのものを「蛇の目」と呼んでいます。その他については下記のとおりです。
@蛇の目の傘
A会社のロゴマーク(ソースやミシンの会社)
B加藤清正に代表される加藤家や堀家の家紋
C酒や醤油の濁りを見るために使うお猪口(ちょこ)
D日本気象協会の天気記号で「霧(きり)」
などがあります。

    蛇(へび)の目肘壺(ひじつぼ)の上下の間に入っているワッシャーの形を蛇の目と呼んでいます。。

蛇の目の傘









 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.