ホーム > 住いの知識 > JW−CAD

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet  JW−CAD


1. はじめに CADを知
  るきっかけ

2. DRA-CADから
  JW−CADへ

3. JW−CADバージョン
  1.56
 
4. JW−CADバージョン
  .56の凄さ

5. JW−CA(DOS版)
  の隆盛

6. JW−CADの名の由来

7. JW−CADはこんな
  CAD

8. JW−CADの特徴

9. DOS版からWINDOW
  版へ

10. JW−CADに是非欲
   しい機能

11. JW−CADの将来
   について 



 7. JW−CADはフリーソフトのCAD

 JW−CADはフリーソフトウェアです。使用複写は無料ですが、著作権自体は放棄されているわけでは無いので、殆どはいくつかの制限事項が定められています。それらは使用するフリーソフトウェアにもよりますが、

 ●プログラムを改変しない。
 ●商行為に利用しない。

などが定められ、ドキュメントファイル(ソフトウェアに添付される解説ファイル)に記述されています。フリーソフトウェアは市販のソフトと比べ、一般的には次のような特徴があります。欠点のバグが多いというのも正しくは、完成品として殆ど完全な状態で販売される市販のソフトは確かに少ないのですが、まったく無いわけではありません。

 フリーソフトは、完全な状態ではないことをいわば前提にして、流通させて苦情や要望をユーザーから求めようとも考えているわけです。そこが、フリーソフトの製作者にとっては気楽な、使うものにとっては不安なところです。


利   点
@
無料で使える。複写(ソフトウェアのコピー)が出来る。
A
バージョンアップが多い。
欠   点
@バグ(欠陥)がある。
A責任の所在がはっきりしない。
Bサポートが受けられない。
 C組織が確立していないことが多く、、どれくらい先まで、更新され続けるのかが不明。

 フリーソフトウェアではそのソフトが原因で、どのような損害が発生しようとも、誰も責任を取ることがありません。使った人がその責任を負うしかありません。ここが、市販のソフトとの大きな違いのひとつです。しかし、JW−CADを使用し続けてきた私は、大きな損失も欠点を不満に思ったことがありません。私の不注意の方が断然大きかったからです。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.