ホーム > 住いの知識 > 階段2

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 階段2



1. 階段とは、また法的
  適用範囲

2. 階段の各部の名称

3. 階段の蹴上と踏面
  の関係及び中間踊り
  場について

4. 階段の天井高さと階
  段踊り場の梁につい
  

5. 上りやすい階段とは

6. 階段の構造上の分
  類と関法文

7. 屋内階段と屋外階
  段の違い

8. 法規制による階段
  寸法
(有効幅.蹴上.踏面.踊場)

9. 直通階段とは何か

10. 直通階段に至る歩
   行距離

11. 2つ以上の直通階
   段が必要な建物

12. 避難階段と特別避
   難階段の相違

13. 避難階段又は特別
   避難階段の設置義務

14. 避難階段の構造

15. 特別避難階段の
   構造

16. 階段の手すりにつ
   いて

17. 階段に代わる傾斜
   路について

18. 特殊用途に使用す
   る階段

19. 階段と階高さとの
   関係

20. 屋外階段かどうか
   の判断の仕方

21. 屋外階段の開口延
   焼の適用について

22. 屋内階段の床面積
   算入の考え方

23. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(1)

24. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(2)

25. 屋外階段の建築面
   積の算定の仕方

26. 階段形状の色々1.

27. 階段形状の色々2.

28. 螺旋(らせん)階段
   とは

29. 階段用語集



      
 26. 階段の形状色々1
 
 階段の形状はさまざまにありますが、階段の両面が壁である場合、閉塞感や圧迫感があり薄気味悪く感じるものです。登り降りする先が見渡せたり、少なくとも一方(できれば内側)は手すりなどで見通しが良い物がよく、登りやすい形状とすることが求められます。両側が壁の場合近接して初めて出会い頭にお互いに驚くなどと言ったことがあり危険でもあります。3〜6の回り階段がこれに該当します。

1.

直階段(ちょくかいだん)の例です。直階段は下の階から上の階まで真っ直ぐに上れる階段のことです。直通階段と混同しないように。上階までが見渡せ上り安い階段です。

2.

直階段の中間部に踊場を設けた例です。建築基準法施行令第24条に記載に該当する場合は中間踊り場を設けることが義務付けられています。

3.

廻り階段又は折り返し階段の一般的な例です。階段で、このタイプが最も多く使われています。この階段の内側の壁は手すりとすることがほとんどです。
2.と同様に建築基準法施行令第24条に記載に該当する場合は中間に踊り場を設けることが義務付けられています。

4.

廻り階段又は折り返し階段の例です。上記の中間踊場の位置に当たる部分を階段の踏面としてとっています。階段のスペースが取りにくく、なおかつ階高さが高い場合、こうしたプランになりがちですが、よい例ではありません。

5.

これも上記の階段と同じものですが、廊下の一部を階段として、共用している例です。もし、この階段が、何らかの理由で使用不可となった場合、廊下が遮断されてしまいます。よい階段の取り方ではありません。
6.

廻り階段の一例です。踊場が一般的な階段より多く歩きやすい階段といえます。

7.

廻り階段の例です、上記よりさらに踊場を増やした例ですが、ここまで来ると方向転換が多くぐるぐる回る感じがして、歩きづらいものです。














 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.