ホーム > 住まいの設計 > 確認申請

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 確認申請


1. はじめに

2. 確認申請をする意味

3. 確認申請が降りるまで 

4. 確認申請は誰がする
  か?

5. 確認申請を必要とする
  建物とは?

6. 確認申請が不要な建
  物とは?

7. 確認通知書は絶対
  か?

8. 基準法の用語(資料)



 
      
 5. 確認申請を必要とする建物とは?

 確認の必要なのは建物ばかりではありません。建築の設備である、エレベーター,エスカレーターや、役所のしてするものがあります。また、工作物と呼ばれる一定の規模の煙突や,柱、広告塔、高架水槽(こうかすいそう)、サイロ、擁壁(ようへき)なども、「工作物確認申請書」を提出して確認を受けなければなりません。(下表の通り)

適用区域用途・構造規模工事種別確認
期限
全国
@

特殊
建築
劇場・ 映画館・ 演芸場・ 観覧場・ 公会堂・ 集会場その用
途の床
積>100u
新築
増築
改築
移転
大規模な模様替
特殊建築物への用途変更
21日
病院・ 診療所・ ホテル・ 旅館・ 下宿・ 共同住宅・ 寄宿舎・ 児童福祉施設
学校・ 体育館・ 博物館・ 美術館・ 図書館・ ボーリング場・ スケート場・ 水泳場・ スキー場・ スポーツ練習場
百貨店・ マーケット・ 展示場・ キャバレー・ カフェ・ ナイトクラブ ・バー・ ダンスホール・ 遊技場・ 公衆浴場・ 待合料理店飲食店・ 物品販売業を営む店舗(床面積100u以上)
倉庫
自動車車庫 ・自動車修理工場 ・映画スタジオ ・テレビスタジオ
A木造階数3又は
延べ面積>500u
又は高さ>13m又
は軒高さ>9m

B木造以外階数≧2又は
延べ面積>
200u
都市計画
内、準都
市計画内,
知事の指
定区域
@〜B以外の全ての建築物規模に関係なし
建築
7日
全国
建築設備
エレベーター、エスカレーター、特定行政庁が指定するもの
設置
7日
工作物
煙突 高さ6m
柱   高さ6m
など(以下省略)
築造
7日
21日

上記の表の赤字の説明

共同住宅はマンションが含まれます。
木造3階建ては21間の審査期間を要します。
一般の木造(@〜B以外の全ての建築物の2階建の住宅は7日間の審査期間です。

新築
更地(建物が何も建っていない土地)に新たに建物を建てること
増築
敷地内に既に建っている建物を建て増す場合。棟つづきでの場合と別棟扱いとする場合がある。また、一つの敷地で、他に建物が建っていて、それから離れて建てる場合は、新たに建てる建物は新築だが、敷地単位では増築ということもある。
移転
同一敷地内において建物の位置を移動する事。
改築
前からあった建物を取り壊して、これと、建物の位置、用途、構造、階数、規模がほぼ同程度のものを建てること。
大規模の
修繕
主要構造部の一種以上にわたって、行う過半の修繕
大規模の
模様替
主要構造部の一種以上にわたって、行う過半の模様替

主要構造部とは壁、柱、床、梁、屋根又は階段をいいます。構造耐力上の主要構造部との意味ではありません。用途、用法上、防火上の主要構造部との意味です。




確認申請 5/8ページから6/8ページへ移動する










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.