ホーム > 住まいの設計 > ローコスト住宅入門

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ローコスト住宅入門


1.  はじめに ローコスト
  住宅とは

2. ローコスト=下請け
  泣かせではない 

3. 施工者の儲けも必
  

4. 誰に頼めばよいか

5. 建物形状は方形に
  する

6. 水回りはまとめる

7. 無駄な開口を作ら
  ない

8. 安く土地を手に入
  れる

9. 内装を簡略化する

10. 高級なユニットを
   使わない

11. 部屋を細かく仕切
   らない 

12. 換気の良い建物
   を作る

13. バリアフリーは必
   

14. 建物の安全性を
   犠牲にしない



 14. 建物の安全性を犠牲にしない

 建物をローコストにする為に犠牲に出来るものもありますが、安全性や快適性は犠牲にできません。安全には台風や地震などの自然災害や防犯もふくまれています。

 また、建物の寿命を短くするような雨漏りや結露などの対策も重要です。エアコンによる快適性の追求だけでなく、バリアフリー、通風、の検討も大切です。防犯は、幸せな生活を一変させるような事に発展する場合もあります。開口の少ない外から侵入されにくい建物の工夫も必要です。

 機密性の高い現在の建物では、南に面して開口を大きくとる以外は、他の開口部を必要最小限に止めても支障ありません。これらは、狭い敷地においては、隣家との空きがないようなところには、窓など後にメンテナンスや応急処置などの不可能な場所には設けないほうがたしかです。




ローコスト住宅入門のトップページに戻る



























 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.