ホーム > 住いの知識 > 木材

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 木材


  林国

2. 木材の種類・特長・用
  

.3 木の種類 代表例

4. 木の強度は?

5. 木の反り(そり)につい
  

6. 木の腹と背及び芯持
  材と芯去り材

7. 春材・秋材と木取りに
  ついて

8. 柾目・板目・杢目と節
  について

9. 木の元口と末口・辺材
  と芯材について

10. 木材の等級とは

11. 檜と杉そして松

12. 木材の使用箇所
    (構造材)

13. 木材の使用箇所
    (内装材)

14. 集成材とは?

15. 集成材の種類

16. 森林の手入れの必
   要性について




      
 8. 柾目板目杢目と節について

 材木から木材として切出す時にその取り出し方によってきる木の模様のことを木目といいます。木目には、「柾目」と「板目」と「杢目」ができます。板目の中の一部に柾目の部分もあれば、柾目の中にも一部に板目が出来ることもあり、柾目や板目一様であることはまずありません。


 ■柾目(まさめ)とは
 柾目とは木材の縦断面に現れる木理が、平行なものまたは真直なものをいいます。年輪の直径またはこれに近い面で縦断した断面に現れます。粗密さによって,糸柾目,並柾目,荒柾目などがあります。糸柾目は目が糸のように細かくて密なものを、並柾目は一般的な柾目、荒柾目は、粗柾目とも書き、柾目が粗いものをいいます。

■板目(いため)とは

 木材を樹心を通らない面でたて方向に切断したとき(接線断面),木材の表面に現れる波形などの木理。見ばえは柾目(まさめ)に劣るとされています。同じ木でも二つと同じ板目が取れません。




■杢目(もくめ)とは

 杢目は木目と同じ読みなので、混乱しそうですが。木目とは、木から出る目の総称です。つまり、「柾目」「板目」「杢目」を一括して言う言葉です。「杢」の字は木工の合字であり、和製漢字です。この場合は木工職人、大工を指します。

 そこで、杢目とは何か、ということになります。杢目は柾目でもなく、板目でもない、もっと、非常に稀で複雑で美しい木の模様のことをいいます。その模様の美しさが希少価値として珍重されるのです。例えば、カエデやタモ、トチ、マホガニーなどに表れる「縮み杢」や、カエデやカラマツなどに表れる「鳥眼杢」、ゼブラやマホガニーなどに表れる「縞杢」などの種類があります。杢目が出るのは広葉樹です。

 タモはモクセイ科の 落葉大高木で、北海道、本州の中部以北に分布していますとくに北海道の比較的湿地のところに 多く産しますが、本州産はわずかです。

 右の図はタモの原木を木取りしたものです。すでに美しい杢目が現れているのが見えています。スライスするにしたがって違う模様が生まれ、木星の表面のような美しさです。




■節(ふし)について

 節(ふし)は木の枝の根のことで、樹心より年輪にほぼ直角方向に伸びています。節の先端は枝打ちや枝が枯れた時期により、樹心からの距離は異なってきます。
 また、下の表で説明する生き節や死に節は材木の幹が成長していく過程で、枝の元の部分が次第に幹の中に包みこまれていってできたものです。前述した板目の木取りをする時に現れやすく、円形、もしくはだ円形の節の形で、製材した木材の表面に現れやすくなります。色は一般に暗褐色をしており、加工がしづらい。節の部分は樹脂分が多く、脂(やに)を含んでいる、など歓迎出来るものではありません。このため、檜や杉は枝打ちをするのは、死に節を出さないようにするためです。

 節には二つの種類がある
@ 生き節(いきぶし)
枝の元がまだ生きているうちに、木の幹の内部に取り込まれてできた節です。枝が生きているうちに人工的に「枝打ち(えだうち)によってできた節です。幹と繋がっているため、幹とともに成長していきます。このため、製材をしてもその部分が、死に節のように、抜け落ちる事はありませんし、色合いも死に節に比べて薄く比較的目立ちません。この生き節を、一つの希少模様と捉えることもでき、仕上げ材としても活用できます。
右の生き節の図の右上部分の節が割れえいるのが見えます。これを「割れ節(われぶし)」といいます。製材後に乾燥による割れで、樹脂パテなどで補修が可能です
A 死に節(しにぶし)
枝が風雪などで折れて、自然に枯れて死んでしまっている状態で、木の幹の内部に取り込まれて、しこりのようになって内部に残ったものです。成長せず、色も濃く硬くなっています。このため、製材した時にこの節が、抜けて穴が開いたようになってしまうことがあります。これは「抜け節(ぬけふし)」と呼ばれます。こうした板は、構造耐力や価値が落ちてしまい敬遠されます。

 抜け節の後に、「埋め木(うめき)」を行う処理を行います。埋め木とは他の木を抜け節の後に埋め込むことです。埋め込んだ部分は、ある程度は不自然さがないように仕上げることができます。埋め込む木は天然の木の枝を樹種にあったものを加工したものでコマとよびます。節と同じように渦巻き形をしています。ただし、いた厚さすべてに渡って埋める訳ではありません。板厚さが厚い場合には埋木の裏側は抜け節となったままです。




■生き節と死に節の成り立ち

 生き節や死に節はどのような理由で出来るのでしょうか。その出来方を図で説明します。
 
 生き節の成り立ち
 生き節は、人工的に枝打ちを行ったことで出来た節のことで、木の枝がまだ生きているうちに枝打ちがなされるため、枝打ちで残った部分が生きたまま木の中に取り込まれます。取り込まれた節は幹の一部として成長していきますので、木材として挽(ひ)かれても有害な節とはなりません。


 死に節の成り立ち
 死に節は、風雪などの影響で枝が枯れてしまったものが、木の幹に取り込まれて出来たものです。幹は成長せずしこりのように残ります。有害なもので、材木として挽かれた後に、収縮乾燥で抜け落ちたりすることがあります。色も生き節に比べて暗色です。




画像出典:タモの図 「阿部蔵之」のホームページを参照させていただきました。
画像出典:生き節・死に節の図 アロマスリット工房によりました。













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.