ホーム > 住まいの設計 > マイホームの図面を書こう(知識編)

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet マイホームの図面を書こう(知識編)


1階
玄 関
ホール
階 段
廊下
台 所
居 間
食 堂
客 間
(和室)
洗 面
脱 衣
便 所
風 呂



2階(3階)
押 入
(共通)
ホール
子供室
(1)(2)
ロフト
寝室
物 入
(共通)
ベランダ
(共通) →→ 1階、2階(3階)と同じ考え方です。


01. はじめに

02. 用意するもの

03. 図面の決まりごと

04. 玄関の大きさ

05. ホールの大きさ

06. 押入の大きさ

07. 階段の大きさ

08. 廊下の大きさ

09. 台所の大きさ

10. 居間.食堂の大きさ

11. 客間(和室)の大きさ

12. 洗面.脱衣の大きさ

13. 風呂の大きさ

14. 便所の大きさ

15. 子供室の大きさ

16. 寝室の大きさ

17. 物入れの大きさ

18. ロフトの大きさ

19. ベランダの大きさ

20. ガレージの大きさ

21. 花壇の大きさ

22. フェンスについて

23. 家財の寸法取り

 23-1 家財のリサイクル
     
 23-2 家財の寸法取り
 23-3 家財の配置の検
     




      
 07. 階段の大きさ

 階段の位置が家のプラン(間取り)を考える上で一番難しいところです。1階でうまく配置が出来たと思っても、いざ2階のプランをと考え始めると、なかなか邪魔になって思うように間取りが取れません。

 そこで、今度は2階から決めると1階が、思うように行かないというジレンマに陥って、途中から投げ出してしまいたくなります。広い敷地に悠々と建てるのであればそう悩む事もないでしょう。しかし、私たちが持てる建物は、敷地も、上の建物もそう広くはないのです。そういう悩みも、楽しみの一つかも知れません。
 小さな敷地に3階建ての建売住宅のチラシなど見ていると、実にうまく階段の処理をしています。さすがに、それが本業になると、良い知恵もでるようです。

 階段を何処に持っていくのが良いかは、一概に言えません。下記に階段の上がり方の例を示しました。階段は、一般木造住宅なら、大体1800(1.8メートル)有れば1階から2階へ、あるいは2階から3階へ上がる事ができます。階段は上がり始めの部分にも、上がりきった部分にも最低900は要ります。建築基準法上、階段巾は、750以上、蹴上げ230以下、踏み面は150以上と規定されています。

 階段については、当、ホームページに特設を設けていますので是非ご覧下さい。
(階段のページをご覧になる場合は、ここをクリックください)

 08. 廊下の大きさ

 廊下は基本モジュールつまり、幅900(90センチ)あれば問題はないでしょう。ただ、長くなると少し部分的にでも広いところがあるほうが、ゆったりした気分になれます。また、長い廊下は、不経済なので、注意が必要です。建築基準法上、有効巾は750以上必要です。900あれば勿論、クリアしますのでご心配なく。




マイホームの図面を書こうの3/8ページから4/8ページへに移動する










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.