ホーム > 住まいの設計 > 参考書籍

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 建築の参考書籍紹介


1. 建築の参考書籍の紹介
   (はじめに)

2. 建築の参考書籍の紹介1
  (建築施工図作成と
         手順と技法)

3. 建築の参考書籍の紹介2
   (建築申請メモ)

4. 建築の参考書籍の紹介3
  (戸田建設の建築標準
   ディティール図集)

5. 建築の参考書籍の紹介4
  (建築施工原寸図の見
   かた描き方)

6. 建築の参考書籍の紹介5
   (建築施工図の描き方)

7. 建築の参考書籍の紹介6
 (おさまり詳細図集@
       木造編)

8. 建築の参考書籍の紹介7
  へーベルテクニカルハン
  ドブック
 (ALCの技術的手引書)

9. 建築の参考書籍の紹介8
  (コンパクト建築設計資
   料集成)

10. 建築の参考書籍の紹介
  9(図解 給排水・衛生施
   工図の見方・かき方)




    
 5. 参考書籍の紹介4
 
「建築施工原寸図の見かた描きかた」 清水建設建設本部技術部編 

 本著はスーパーゼネコンの一社である清水建設の建設本部技術部の編集によるもので、これは同社の社内では無料で配布されたと聞いています。しかし、それより数年前に私は書店の店頭で買いました。

 「戸田建設の建築標準ディティール図集」と重複する部分の納まりも多少あります。しかし、流司台廻りの収まりやタイルの割付方、便所廻りの詳細な納め方、アルミの笠木、折板屋根の納まりなどは、重複がなく、まったく新しい資料として、使えます。

 建築の社会は、電器やIT、自動車といったほかの業種から比べれば、あっと驚く技術が出て、数年の内に技術革新が起きるというような世界ではありません。

もちろん、全然ないわけではありませんが、その歩みは相当遅いもので、だから古くなった本でも役に立つのです。施工図を書いている方の方にどちらかというとおお勧めの本です。

 設計される方は納まりを確認しながら、収まるプラン考えるのに有効な本です。この間、大きい本屋さんで探したのですがありませんでした。現在も発刊されているかは不明です。一度、店頭で確認された方が良いでしょう。



「建築施工原寸図の見かた描き方」
  清水建設建設本部技術部編

当時の価格:3250円でした。
現在では表紙が少し変わっています。

アマゾンでも買えます。
建築施工現寸図の見かた描きかた



 

建築の考書籍の紹介の5/10〜6/10ページへ移動する









 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.