ホーム > 住いの安全 > 静電気

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet  静電気


1. 静電気とは何か?

2. 静電気はどんな時に
  発生するのか

3. 静電気は雷の発生と
  同じ原理で出来る

4. 静電気が冬場に発生
  し易い理由と人体
  への影響

5. 静電気を通し易いも
  溜まり易いもの

6. 静電気の工場での被
  害と静電気利用をし
  た製品

7. 室内での静電気対
  

8. 車の中での静電
  気対策

9. 静電気対策グッ
  ズの紹介




 9. 静電気対策グッズの紹介

 色々心がけても、どうしても静電気は出来てしまいます。結局のところ体を始め衣服などにたまった静電気を不愉快にならないで、いかに放電させるかになります。私と同様静電気に悩む人は多く、様々なグッズが出ていますので知り得た良さそうなものを紹介したいと思います。



■一般向け静電気対策製品

グッズではありませんが、外出先から自宅や会社の扉の前に来た時に一度地面に触れてみてください。これで静電気が地面に伝わって放電してなくなります。一番手っ取り早くて簡単です。しかも、お金がかかりません。そのほか、壁、水道管、本革の財布などがあります。ただし、ほんの一時しのぎでしかありません。人が動けば、また静電気は発生します。

一般向け


Amazonのレビューで星5つの最高評価の製品です。キーホルダー型です。\2625円と高めですが、効果は絶大。すべてに対応できる万能タイプ。






これも星5つの最高評価。
デザインが可愛く女性にもあう。
除電が出来たか確認が可能です。他にも、リラクマのキャラクタータイプも出ているようです。すべてに対応できる万能タイプ。





人気キャラクターの除電グッズ。
属の物に触る前に、先端の部分をくっつけると、静電気を放電。ほわんと光る。瞬時に除電が完了。すべてに対応できる万能タ
イプ。



ブレスレットタイプ。このタイプは数多く出回っています。これは高評価ですが、多くの場合、完全除電とは行かず、衝撃を和らげる程度が多いようです。すべてに対応できる万能タイプ。




車のドアにつけておくだけでOK。ドアノブに触る前にこれにタッチすれば完了です。触るとライトが発光して除電出来たかが確認出来ます。





玄関ドアなどに張るタイプです。
ドアノ取っ手を触る前にここにタッチすればそれで除電できます。張ってあることが気になる方には他に透明なタイプもあります。来訪者にも喜ばれます。




静電気のせいでスカートが体にまとわり付いたり、静電気が体に溜まるのを防いでくれるスプレーです。




女性の髪をまとめるときのシューが静電気取りになっているタイプです。車でも玄関ノブでも有効です。






■事業者向け静電気対策製品

 静電気による産業災害の例も、少なくありません。液体のパイプ輸送、粉状の固体の移送やふるいわけ、ゴムののり引き、塗料の噴霧塗装、危険物の乾燥、紙やビニール布の巻きとり。そんな作業を行う現場では、いつも静電気の危険と隣り合わせです。
 このような職場では必ず帯電防止用の作業服や靴を着用するよう、決められています。人体に帯電した静電気によって爆発や火災が発生したり、放電のショックで高所から墜落したりの事故がおきるからです。そのため「労働安全衛生規則」では、特別に規定を設けて、職場での静電気帯電防止義務をうたっているほどです。
 そこで、このページでは、仕事場での静電気の防止や除電のグッズを取り上げてみました。


事業者向け


リストバンド(手首バンド)を付け、そこからアース線が出ています。クリップ式のアースを常にとっているので安全です。評価も高い。



パソコンのマウスパッドが静電気除去パッドと兼用になっています。デジカメなどの精密電子機器を触る際にも有効です。




「静電気対策(一般者用)」でも取り上げた社用車のドアにつけておくだけでOK。ドアノブに触る前にこれにタッチすれば完了です。触るとライトが発光して除電出来たかが確認出来ます。





「静電気対策(一般者用)」でも取り上げた事務所の入り口や内部のドアなどに張るタイプです。
ドアノ取っ手を触る前にここにタッチすればそれで除電できます。張ってあることが気になる方には他に透明なタイプもあります。来訪者にも喜ばれます。



静電気からメモリーやボードを守る袋です。パソコン専門店や周辺機器の専門店などの部品入れに有効です。




静電気対策を本気で考えられている方向きの一冊です。







静電気のトップページへ移動する










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.