ホーム > 住いの知識 > 式典

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 式 典


1. 式典の歴史
 (地鎮祭・上棟式の歴史)

2. 式典の種類と実施時期

3. 式典 暦について

4. 式典の準備その1
 (日取り調整と主催者・神
  社・司会者との打合せ)

5. 式典の準備その2
  (式典への案内状・出席
   者・服装)

.6. 式典 地鎮祭その1
  (地鎮祭の進行の概略)

7 式典 地鎮祭その2
(地鎮祭における人の役目)

8. 式典 地鎮祭その3
 (地鎮祭における式次
  第と司会者)

9. 式典 地鎮祭その4
 (直会(なおらい)について)

10. 式典 上棟式その1
 (上棟式はいつ行うか)

11. 式典 上棟式その2
 (木造の上棟式の進行
  の概略)

12. 式典 上棟式その3
 (木造の上棟式における
  人の役目)

13. 式典 上棟式その4
 (鉄骨造の上棟式の進
  行の概略)

14 式典 上棟式その5
 (鉄骨造の上棟式におけ
  る人の役目)

15. 式典 上棟式その6
 (鉄骨造の上棟式式次
  第と司会者)

16. 式典 定礎式その1
  (定礎式の意義と概略)

17. 式典 定礎式その2
(定礎式における人の役目)

18. 式典 竣工式その1
  (竣工式の意義と概略)

19. 式典 竣工式その2
(竣工式における人の役目)

20. 式典の費用など他




   
 12. 上棟式その3 (木造の上棟式における人の役目)

 上棟式における式の進行は地鎮祭における手順と殆どが同じです。違うところは二つあります。
 一つは、地鎮祭では「5.祝詞奏上」の次に「切麻散米の儀」が行われますがこれを省略している事です。これは上棟の儀で「散餅散銭の儀」を行うので省略するためです。
 もう一つは当然ながら、地鎮祭の時には「地鎮の儀」を行うところが、上棟式では「上棟の儀」となる事です。

式順と式名
式の内容
 1.手水の儀手水の儀は祭事責任者の指示に従って、次の順番で行います。
 1)建築主関係者
 2)近隣関係者
 3)設計関係者
 4)工事施工者関係者
 5)神職(最後に行います)
 2.修祓の儀神職が行います。神職が祭事を行うときには起立や着席を繰りかえすことがあります。
 3.降神の儀神職が行います。参列者は座ったままで、頭をさげています。
 4.献饌の儀神職が行います。参列者は座ったままで構いません。
 5.祝詞奏上神職が行います。その間参列者は起立し、奏上が終われば着席します。
 6.上棟の儀
(木造の場合)
 
大工や工作者たちが中心になって、棟上の儀式をおこないます。
 @ 曳き綱の儀(ひきつなのぎ)
神職、大工や工作者、建築主他参列者は次席から離れて、引き綱の左右に分かれて立ち綱をもったちます。掛け声で三度、綱を引きます。これを三回繰り返します。終わると席に戻ります。
 A 槌打ちの儀(つちうちのぎ)
司会者から起立の指示がなければ、参列者は座ったままで構いません。
 B 散餅散銭の儀(さんべいさんせんのぎ)
地方では、これを参列者が競って拾いますが、一般式典ではあくまでも儀式として行いますので、参列者は着席のままで構いません。
 C 丈量の儀(じょうりょうのぎ)
司会者からの起立の指示がなければ、参列者は座ったままで構いません。
 D 鳴弦の儀(めいげんのぎ)
弦を鳴らし妖魔を祓う儀式です

 7.玉串奉天 「たまぐしほうてん」と呼びます。
建築する土地の永遠の安定と建築主や工事関係者の守護をねがい、玉串こめて奉り拝礼するものです。
 8.撤 饌 「てっせん」と呼びます。
祭壇から供物(くもつ)を下げる儀式ですが、現在では実際に下げるのではなく、4.で行った献饌の儀の時に取った供物にしていた蓋を元に戻す所作を行うものです。
 10.昇神の儀 「しょうしんのぎ」と呼びます。
祭壇から神がお帰りになる儀式のことです。
 11.神酒拝戴 「しんしゅはいたい」と呼びます。
神前にお供えしてあった神酒(みき)を参列者が頂戴する儀式です。














 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.