ホーム > 住いの知識 > 式典

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 式 典


1. 式典の歴史
 (地鎮祭・上棟式の歴史)

2. 式典の種類と実施時期

3. 式典 暦について

4. 式典の準備その1
 (日取り調整と主催者・神
  社・司会者との打合せ)

5. 式典の準備その2
  (式典への案内状・出席
   者・服装)

.6. 式典 地鎮祭その1
  (地鎮祭の進行の概略)

7 式典 地鎮祭その2
(地鎮祭における人の役目)

8. 式典 地鎮祭その3
 (地鎮祭における式次
  第と司会者)

9. 式典 地鎮祭その4
 (直会(なおらい)について)

10. 式典 上棟式その1
 (上棟式はいつ行うか)

11. 式典 上棟式その2
 (木造の上棟式の進行
  の概略)

12. 式典 上棟式その3
 (木造の上棟式における
  人の役目)

13. 式典 上棟式その4
 (鉄骨造の上棟式の進
  行の概略)

14 式典 上棟式その5
 (鉄骨造の上棟式におけ
  る人の役目)

15. 式典 上棟式その6
 (鉄骨造の上棟式式次
  第と司会者)

16. 式典 定礎式その1
  (定礎式の意義と概略)

17. 式典 定礎式その2
(定礎式における人の役目)

18. 式典 竣工式その1
  (竣工式の意義と概略)

19. 式典 竣工式その2
(竣工式における人の役目)

20. 式典の費用など他




   
 17. 定礎式その2 (定礎式における人の役目)

 定礎式(ていそしき)は別名「いじずえさだめのまつり」とも呼ばれます。建物の基礎となる礎石(そいし)を据付ける際に家屋の守護神に対する、建物の永遠の堅牢と繁栄を祈願する祭儀です。字の示す通り、本来は基礎工事着手にあたり選定の柱位置の基礎に、定礎箱を埋め、礎石で蓋をするという儀式でした。

 しかし、明治以降の近代建築の変遷と共に時期も移り変わり、その建物の仕上げの時期に行うことが一般的になりました。従って、現在の定礎式はヨーロッパではじまった石造建築の基準となる隅の礎石を鎮定する儀式=Corner Stone Laying Ceremony に由来しています。

 定礎式では、定礎石(「定礎」の文字と年月日を彫った石。施主の代表者の自筆文字を彫る場合が多い)、・定礎箱(収納品を入れる箱。腐食を防ぐため鉛製が多い)、・収納品(定礎銘板、氏神様のお札、平面図、当日の官報・新聞、通貨、社史など)が納められます。据え付けられる場所は建物の場合は東南の隅といわれますが、現在では建物の玄関付近に設けられること殆どです。

 定礎式は、竣工式の祭儀でもあり、関係者で簡素に行われることが多いようです。

式典の進め方も、これまで述べてきた他の式典の順序と差はなく、中核となる定礎の儀だけが違っているだけです。

式順と式名
式の内容
 1.手水の儀手水の儀は祭事責任者の指示に従って、次の順番で行います。
 1)建築主関係者
 2)近隣関係者
 3)設計関係者
 4)工事施工者関係者
 5)神職(最後に行います)
 2.修祓の儀神職が行います。神職が祭事を行うときには起立や着席を繰りかえすことがあります。
 3.降神の儀神職が行います。参列者は座ったままで、頭をさげています。
 4.献饌の儀神職が行います。参列者は座ったままで構いません。
 5.祝詞奏上神職が行います。その間参列者は起立し、奏上が終われば着席します。
 6.定礎の儀
 @定礎の辞奉読(ていそのじほうどく)
建築主が祭壇の神に向い、「定礎銘」を奉じます。次に
建築主が定礎の辞を奉読します。そのあと、設計事務
所、工事施工者の順に定礎の辞を奉じます。
 A 除幕の儀(じょまくのぎ)
建築主がおこないます。
 B 定礎銘板鎮定の儀(ていそめいばんちんていのぎ)
建築主が行いますが、介添え役を必要としますので選定しておきます。
 C 斎鏝の儀(いみごてのぎ)
建築主あるいは建築主から選定された人が行います。
 D礎石据付の儀(そせきすえつけのぎ)
礎石据付の儀(そせきすえつけ のぎ)施工者の代表がが行います。介添え役が要りますので、選定しておきま す。
 E水平、垂直検知の儀(すいへいすいちょくけんちのぎ)
設計者の代表が行います。介添え役が要りますの、選定しておきます。
 F斎槌の儀(いみつちのぎ)
建築主がおこないます。介添え役が要りますので、選定しておきます。
 7.玉串奉天玉串奉天は次の順序で各代表者が行います。
 1)神職(以下に続く人のための手本となる様最初に行います。)
 2)建築主
 3)近隣関係者
 4)設計者
 5)工事施工者
 8.撤 饌神職が行い。参列者は着席のままで構いません。
 10.昇神の儀降神の儀に同じです。起立、着席も同様のタイミングで行います。
 11.神酒拝戴盆に載せたカワラケを参列者全員に前より順に配リますので、まずこれを受け取ります。その後お供えの神酒を同様の順序でついで回りますので、これをうけます。勧盃の後カワラケの回収があり、式は終了です。













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.