ホーム > 住いの知識 > 式典

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 式 典


1. 式典の歴史
 (地鎮祭・上棟式の歴史)

2. 式典の種類と実施時期

3. 式典 暦について

4. 式典の準備その1
 (日取り調整と主催者・神
  社・司会者との打合せ)

5. 式典の準備その2
  (式典への案内状・出席
   者・服装)

.6. 式典 地鎮祭その1
  (地鎮祭の進行の概略)

7 式典 地鎮祭その2
(地鎮祭における人の役目)

8. 式典 地鎮祭その3
 (地鎮祭における式次
  第と司会者)

9. 式典 地鎮祭その4
 (直会(なおらい)について)

10. 式典 上棟式その1
 (上棟式はいつ行うか)

11. 式典 上棟式その2
 (木造の上棟式の進行
  の概略)

12. 式典 上棟式その3
 (木造の上棟式における
  人の役目)

13. 式典 上棟式その4
 (鉄骨造の上棟式の進
  行の概略)

14 式典 上棟式その5
 (鉄骨造の上棟式におけ
  る人の役目)

15. 式典 上棟式その6
 (鉄骨造の上棟式式次
  第と司会者)

16. 式典 定礎式その1
  (定礎式の意義と概略)

17. 式典 定礎式その2
(定礎式における人の役目)

18. 式典 竣工式その1
  (竣工式の意義と概略)

19. 式典 竣工式その2
(竣工式における人の役目)

20. 式典の費用など他




   
 6. 地鎮祭その1 (地鎮祭の進行の概略)

 地鎮祭は「じちんさい」とその読みの通りに読むのが一般的ですが、「とこしずめのまつり」とも読んだりします。後者の方が、読みにくくはありますが、意味として判りやすい。地鎮祭を行う意義は、冒頭でも書いたとおり、建物を建てようとする土地の守護神を祭って、その土地の永遠の平安無事と安全を祈願するものです。

 下の表の様な式次第(進行予定表と考えてください)にのっとって進められます。
 一つ一つを見ると難しそうに見えますが、概略をつかんで見ればそれそれの儀の意味が分るはずです。

 地鎮祭式次第
1.手水の儀 「てみずのぎ」と呼びます。式場に入るにあたり、身を清めて臨む意です。式場に入る前に身を清める儀式です。
2.修祓の儀 「しゅうばつのぎ」と呼びます。心身の罪,穢れをを払って清浄になる儀式。御祓い(おはら)いの儀式です。地鎮祭に限らずすべての神事ではまずこの御祓いの儀式から始まります。
3.降神の儀 「こうじんのぎ」または「こうしんのぎ」と呼びます。祭壇に神霊をお招きする儀式です。言い換えれば「招霊(しょうれい)の儀です。
4.献饌の儀 「けんせんのぎ」とよびます。献饌とは神に供物すなわちお供え物をすること。おいでになった神霊にお供えをする儀式です。本来は降紳の儀と唱えてから、お供え物を供えるものですが、式の時間の都合上もあり、最初から祭壇に用意されています。地鎮祭ではお供え物のうち、瓶子(へいし)と水器(すいき)の蓋を取ることをもって献饌の儀としています。〈瓶子と水器の図は一番下にあります〉
5.祝詞奏上 「のりとそうじょう」と呼びます。
氏神を始めとする神々にお祝いの言葉を奏上します。祝詞には、他に地鎮祭の関わる敷地の所在地、建築主、設計者、施工者等の名前も織り込んでいます。  
6.切麻散米 「きりぬささんまい」と呼びます。あるいは、「四方祓い(しほうはらい」」とも言います。切麻は字の如く本来は麻(あさ)であったが、時代と共に変遷し、現在では小さく切った麻と白紙(1.5cm角)を混ぜて使います。
建築する土地を祓い清め、工事関係者などに災いが生じないよう、また式が無事に終了する事を祈願するものです。
7.地鎮の儀 「じちんのぎ」あるいは「とこしずめのぎ」とよびます。
工事着手にあたり、その敷地の守護神を祭って、敷地の永遠の安定と工事の無事安全を祈願します。いずれの儀でも掛け声を3度「エイ、エイ、エイ」とかけ、同時に動作も3度行います。

 1.刈初の儀(「かりぞめのぎ」と呼びます。)
 鎌を使っての儀式でまず敷地の雑草を刈り取り土地をきれいにする意味を持っています。(設計者が行います

 2.穿初の儀(「うがちぞめのぎ」と呼びます)
  1)鍬(くわ)を使って、きれいになった土地の土を掘り起こし起工の一歩を印す意味をもっています。(建築主が行います

  2)鋤(すき)を使って、1)で掘り起こした土地を綺麗にならす意味を持っています。(施工者が行います

 3.鎮物埋納の儀(「しずめものまいのうのぎ」とよびます。)
祓地に柳箱と呼ばれるものを埋め、祈念します。
  (神職が行います
8.玉串奉天 「たまぐしほうてん」と呼びます。
 建築する土地の永遠の安定と建築主や工事関係者の守護をねがい、玉串こめて奉り拝礼するものです。
9.撤饌 「てっせん」と呼びます。
 祭壇から供物(くもつ)を下げる儀式ですが、現在では実際に下げるのではなく、4.で行った献饌の儀の時に取った供物にしていた蓋を元に戻す所作を行うものです。
10.昇神の儀 「しょうしんのぎ」と呼びます。
 祭壇から神がお帰りになる儀式のことです。
11.神酒拝戴 「しんしゅはいたい」と呼びます。
 神前にお供えしてあった神酒(みき)を参列者が頂戴する儀式です。本来はこのことを「直会(なおらい)」といいます。

この後は、司会者が閉式を告げ、その案内で神職が退場します。

注)穿初の儀(鋤)のことを、「地曵の儀(じびきのぎ)」と呼ぶところもあります。


地鎮祭会場の写真
瓶子(へいじ)
水器(すいき)
カワラケ

地鎮祭式次第の一例













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.