ホーム > 住いの知識 > 式典

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 式 典


1. 式典の歴史
 (地鎮祭・上棟式の歴史)

2. 式典の種類と実施時期

3. 式典 暦について

4. 式典の準備その1
 (日取り調整と主催者・神
  社・司会者との打合せ)

5. 式典の準備その2
  (式典への案内状・出席
   者・服装)

.6. 式典 地鎮祭その1
  (地鎮祭の進行の概略)

7 式典 地鎮祭その2
(地鎮祭における人の役目)

8. 式典 地鎮祭その3
 (地鎮祭における式次
  第と司会者)

9. 式典 地鎮祭その4
 (直会(なおらい)について)

10. 式典 上棟式その1
 (上棟式はいつ行うか)

11. 式典 上棟式その2
 (木造の上棟式の進行
  の概略)

12. 式典 上棟式その3
 (木造の上棟式における
  人の役目)

13. 式典 上棟式その4
 (鉄骨造の上棟式の進
  行の概略)

14 式典 上棟式その5
 (鉄骨造の上棟式におけ
  る人の役目)

15. 式典 上棟式その6
 (鉄骨造の上棟式式次
  第と司会者)

16. 式典 定礎式その1
  (定礎式の意義と概略)

17. 式典 定礎式その2
(定礎式における人の役目)

18. 式典 竣工式その1
  (竣工式の意義と概略)

19. 式典 竣工式その2
(竣工式における人の役目)

20. 式典の費用など他




     
 8. 式典 地鎮祭における式次第と司会者

地鎮祭は建設会社や大きな会社でない場合は、人生において、そう何度も経験することがないのが一般的で、どうしても尻込みしがちですが、地鎮祭、上棟式、竣工式の神事には、最初と終わり部分は共通していますから、一度経験をすれば、恐れるに足りませんし、施工会社の方でも、要所では助けてくれますので安心です。

■地鎮祭の式次第と司会要領の例

 一例ですが、下記に地鎮祭の式次第における司会者の司会要領を記しました。式次第とは入場から退場まで挙式の進行をすべて記した「式次第」が掲示れます。一種のプログラムのようなもので、式場には見やすいところに掲示されています。

 地鎮祭(じちんさい)の式次第(しきしだい)と司会要領の例
次第
状況と進行手順
司会要領
参列者の案内・式典への出席予定者がそろったか確認する。
・責任者の指示で、参列者の式場への入場を促す。
「定刻となりましたので、建築主様から順次”手水”をお使いのうえ式場へお進み願います」
手水の儀・建築主、来賓、設計者、施工者の順に手水を使う。神職が最後に使う。
以下式次第  ○内の番号が「状況と進行手順」と「司会要領」に符号しています。

一同着席

神職着席


・参列者の着席

・参列者が全員着席したら、神職が入場し着席する。
@地鎮祭の開始を告げる





@「ただ今から、○○○○新築工事地鎮祭を執り行います」
修祓
(しゅうばつ)
@最初に司会者が

A神職が立上り、祭壇へと進む。祭壇のしめ縄をくぐったら

B祓詞で神職が「・・・・かしこみ申すー」が終わり一呼吸ののち

C神職が大麻(おおぬさ)を取り上げ、祭壇、玉ぐしを祓い、参列者の方を向く時に


D参列者を祓い終わって神職が一礼した


@「修祓」

A「皆様、ご起立ねがいます」


B「ご着席願います」


C「ご起立願います」




D「ご着席ねがいます」


降紳の儀
(こうしんのぎ)
@神職が自席に戻って、一呼吸したら、司会者は

A神職が立上り、祭壇に進み、祭壇のしめ縄をくぐったら

B神職が祭壇で降神の詞(ことば)を申し、警蹕(けいひつ)の声(うぉー)が終わり、一呼吸ののち



@「降神の儀」


A「ご起立願います」



B「ご着席ねがいます」




献餞
(けんせんのぎ)
@司会者は

A神職が立上り、祭壇へ進んで、祭壇の瓶子(へいし)等の蓋(ふた)を取る
 (ここでは参列者は着席のまま)
@「献餞(けんせん)」



祝詞奏上
(のりとそうじょう)
@司会者は

A神職が立上り、祭壇へ進む、祭壇のしめ縄をくぐったら、

B神職が祝詞で「・・・・かしこみ申す」が終わり一呼吸ののち
@「祝詞奏上」

A「ご起立願います」



B「ご着席願います」


切麻散米
(きりきぬさんまい)
{四方祓い}
@司会者は

・神職が祭壇に進み、切麻を取り上げ、祭壇の前で、東北の隅から時計回りに四方に切麻を撒く

@「切麻散米(きりきぬさんまい)」




地鎮の儀
(じちんのぎ)
@神職が自席に戻り、一呼吸したら

A神職が祭壇に進み、「鎌」を取り上げ渡す準備が整ったら

B神職が「鍬(くわ)を取り上げ渡す準備が整ったら

C神職が「鋤(すき)」を取り上げ渡す準備が整ったら

D鍬の奉仕者が神職に鋤を神職に返し、自席に戻ったら
@「これより、地鎮の儀をとり行います」

A「刈初の儀(かりぞめのぎ)」
「○○設計事務所 ○○○○殿」(設計事務所)

B「穿初の儀(うがちぞめのぎ)」
「○○○株式会社 ○○○○殿」(建築主)

C「○○建設株式会社 ○○○○殿」(施工者)


D「以上で地鎮の儀を納めます」

玉串奉天
(たまぐしほうてん)
@神職が自席に戻り一呼吸したら

A神職が立上り、まず玉串奉天を行う

B次に、玉串仮案から玉串を取り上げ参列者を向いたとき

C玉串奉天者が自席に戻って、着席したら

D最後の玉串奉仕者が自席に戻り、着席したら

@「玉串奉天(たまぐしほうてん)


B「○○○株式会社○○○○殿」


C「○○○株式会社○○○○殿」
○○○関係者は自席にてご起立参拝ねがいます」

D「以上で玉串奉天の儀を納めます」


撤饌
(てっせん)
@玉串奉天が終わり、一呼吸おいて

A神職が立上り、祭壇に進み、祭壇の瓶子(へいし)等の蓋をする

「撤饌(てっせん)




昇神の儀
(しょうしんのぎ)
@神職が自席に戻り、一呼吸したら

A神職が立上り、祭壇に進み、祭壇のしめ縄をくぐったら

B神職が祭壇で昇神の詞(ことば)を申し、警蹕(けいひち)の(うぉー)が終わり、一呼吸ののち
@「昇神の儀」

A「ご起立願います」


B「ご着席ねがいます」

神酒拝戴
(しんしゅはいたい)
@神職が自席に戻り、一呼吸したら


Aこの間に、係員が神職より祭壇の瓶子(へいし)に入ったお神酒を受け取る

B他の係員他は、準備室で予め神酒を注いだカワラケを、それぞれ持ち、所定の位置につく

C準備出来たところで

D神職と最前列の参列者には空のカワラケを配り、最初の係員が神酒を注ぐ

E二列目以降は、それぞれ手分けして配

F配り終わったら、



G乾杯がおわったところで、一斉にカワラケを回収する

H改修が終わったところを見定めて

@「「引き続き、この場におきまして、神酒拝戴(しんしゅはいたい)ををおこないます」

A「用意が整いますまでの間、しばらくおまちねがいます」





C「ご起立ねがいます」






F「では、神酒拝戴のご発声を○○神社のご神職様にお願いいたします」
「おめでとうございます」


G「ご着席ねがいます」



H「これを持ちまして○○○○新築工事の地鎮祭は滞りなくお納めいたしました
神職退下
(しんしょくたいか)
司会者は「神職退下(しんしょくたいか)
一同退下
(いちどうたいか)
司会者は「一同退下(いちどうたいか)

注1)
瓶子(へいじ):、壷の一種で、口縁部が細くすぼまる比較的小型の器形の ものをいい、主として酒器として用いられた。(瓶子は「地鎮祭の進行の概略」の最下部に画像があります。)

注2)
警蹕(けいひつ)(けいひち):貴人(ここでは神のお通りになる道を先導する神職が周りのものを払う時の声












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.