ホーム > 用語辞典 > 図解建築用語 生き物編

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 図解建築用語 生き物編 


 あ 蟻(アリ)

 あ 鮟 鱇(アンコウ)

 い イスカ(イスカ)

 い 稲 子(イナゴ)

 い 犬 釘(イヌくぎ)

 い 犬走り(イヌばしり)

 う 鶯張り(ウグイスばり)

 う 馬(ウマ)

 う 馬乗り目地
   (ウマのりめじ)

 え 海老束(エビづか)

 か 蛙 股(カエルまた)

 か 鰹 木(カツオぎ)

 か 亀の尾(カメのお)

 か 鴨 居(カモい)

 か カラス口(カラスぐち)

 き キャットウォーク
 (キャット=ネコうぉーく)

 け 懸 魚(けギョ)

 け 螻 羽(ケラば)

 さ 鯖の尾(サバのお)

 さ 猿
   (サル)

 さ 猿頬天井
   (サルぼおてんじょう)

 し 獅子垣窓
   (シシがきまど)

 し 蛇腹(ジャばら)

 し 蛇の目(ジャの目)

 し 蛇口(ジャぐち)

 す 雀 口(スズメぐち)

 た 蛸(タコ)

 た 狸堀り(タヌキぼり)

 ち 千鳥格子
   (チドリごうし)

 ち 蝶 番
   (チョウつがい)

 ち 狆潜り(チンくぐり)

 つ 鶴 嘴(ツルはし)

 と 鳶(トビ)

 と 鳶 口(トビぐち)

 と 虎ロープ(トラろーぷ)

 と 蜻 蛉(トンボ)

 な 海鼠壁(ナマコかべ)

 な 鯰 棚(ナマズだな)

 ね 猫 車(ネコぐるま)






     
 獅子垣窓(シシがきまど)

 獅子垣窓(ししがきまど)は、窓の形式のひとつで、床の間の床脇の下部の吹き抜きに、竹を破れ格子に組み入れた窓のことです。床の間の袖壁(そでかべ)に壁止(かべどめ)の横竹を入れ方立(ほうだて)を立てて下部を吹き抜けにし、その吹き抜けの中央に晒竹を通し、その左右に長短の晒竹を立て、横桟を貫(ぬき)がわりに入れたものです。裏千家の伝宗旦好み八畳本勝手向切下座床「寒雲亭」(かんうんてい)があります。

 獅子とは猪(いのしし)でも鹿(しか)でも百獣のライオンの獅子でもなく、中国の古来の空想上の生き物のことです。しかし、ライオンがモデルとなってはいるようです。私達の一番身近なものでは「獅子舞(ししまい)」でしょうか。
 どうして、この床の間の一趣向を獅子垣窓というのかについては、魔除けの意味合いがあります。その置物を置かなくても、垣(かき)の向こうに獅子がいてくれるという趣向でしょうか。


狩野永徳作 「唐獅子図屏風」を模写してみまし
た。残念がら遠く及びません。
獅子垣窓の一例です。他にもいろいろなタイプはありますが、竹垣が破れているという点ではどのタイプも同じです。破れているからこそ、趣があるといえます。










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.