ホーム > 住いの安全 > 騒音

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 騒音


1. 騒音とは何か?

2. 音はどのように発
  生し伝わるのか

3. 騒音の種類と地域別
  基準値

4. 建物の構造で違う騒
  音の度合い

5. 外壁からの騒音

6. 外壁の設備穴からの
  騒音

7. 窓ガラスからの騒音

8. 窓サッシからの騒音

9. 外壁伝いに階下への
  騒音

10. 隣接する部屋からの
  騒音

11. 建物内部の界壁間の
  騒音

12. 給排水の騒音と対策

13. 建物内 床からの騒
  

14. 床からの騒音 重量
  床衝撃音

15. 床からの騒音 軽量
  床衝撃音

16. 重・軽量床衝撃音の
  低減方法

17. 木造の重・軽量床衝
  撃音の低減方法

18. 既存建物での騒音
  対応策

19. 音のもたらす効果




     
 15. 床からの騒音 軽量床衝撃音

 軽量床衝撃音は靴から出る、「コツ、コツ」という小さな音のほかにも、テーブルや椅子を引く時の音、テーブルの上の小物などが、落ちる時の音などもこれにふくまれます。比較的軽めで高音域の音をいいます。この音は、床の仕上げ材に大きく関係してきます。従って、カーペットとかジュウタン、畳などがあれば殆ど問題はありません。これらの原因は、フローリング(板張り)、石張りやタイル貼りが原因です。

 結論として、重量床衝撃音とは違って、軽量床衝撃音はコンクリートの床の剛性はほとんど問題になりません。問題なのは、主に床の仕上げです。したがって、スラブを厚くして、衝撃吸収性の高い材料を使うことが必要です。




注)LHのHはヘビー(Heavy weight)、LLはライト(Light weight)を意味しています。

構造は直床よりも二重床、仕上げ材はフローリングや石貼りよりもカーペットや畳のように吸音性が高いものほど性能は高くなります。

遮音等級は「LL-45」「LL-50」という形で表し、数値が少ないほうが遮音性能は高いことを示します。




 ■軽量床衝撃音のレベルの測定



画像出典:ユーロフィン環境株式会社


 次のページより重量床衝撃音、軽量床衝撃音への対策をみていきます。

  2. 床の剛性や重量を上げて床そのものの振動の発生を抑える方法です。
2-1
 コンクリートの床の厚さを厚くする。
2-2
 コンクリートの床の上にモルタルを重ねて打つ。
2-3
 剛性の高いコンクリートの床にする。




騒音 15/19ページから16/19ページへ移動する











 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.