ホーム > 住いの安全 > 騒音

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 騒音


1. 騒音とは何か?

2. 音はどのように発
  生し伝わるのか

3. 騒音の種類と地域別
  基準値

4. 建物の構造で違う騒
  音の度合い

5. 外壁からの騒音

6. 外壁の設備穴からの
  騒音

7. 窓ガラスからの騒音

8. 窓サッシからの騒音

9. 外壁伝いに階下への
  騒音

10. 隣接する部屋からの
  騒音

11. 建物内部の界壁間の
  騒音

12. 給排水の騒音と対策

13. 建物内 床からの騒
  

14. 床からの騒音 重量
  床衝撃音

15. 床からの騒音 軽量
  床衝撃音

16. 重・軽量床衝撃音の
  低減方法

17. 木造の重・軽量床衝
  撃音の低減方法

18. 既存建物での騒音
  対応策

19. 音のもたらす効果




     
 6. 外壁の設備器具穴からの騒音
 
 ■窓や出入り口以外の外壁からの音の侵入

 建物の外壁のアルミサッシ窓などから以外にも、外壁からの音の侵入はあります。騒音となる音の大半は空気を介して伝わってきます。したがって、空気の出入りがある部屋には音は入って来ます。アルミサッシ窓や出入り口をちゃんと締め切っているのに、何処からか音が入ってくる、、、一体、何処にそんな空気の出入りがあるのでしょうか。


 窓や出入り口以外の外壁からの音の侵入
/
用   途
侵 入 先
@
エアコンと室外機との連結パイプパイプ孔とパイプとの隙間
A
ガス暖房器具の吸排気トップ用排気トップの貫通穴の隙間
B
部屋や台所、トイレの換気扇外壁に設けられた排気口
C
換気用ガラリ外壁に設けられた室内側の給排気口




 ■窓や出入り口以外の外壁からの音の侵入への対策

 窓や出入り口以外の外壁からの音の侵入の経路が判明しました。では、これらに対してどのような対策を講じたらよいでしょうか。次にその事例と対策を挙げました。


@
 エアコンと室外機の連結パイプ孔
エアコンの室外機との連結パイプの孔は通しやすいように少し大きい目に空けられています。その余裕部分が隙間で、ここを一般的には、粘土で塞ぎます。しかし、十分にふさがれているのかは、見た目にわかりません。住宅の外壁などは壁にエアコン用の孔をあけて、そのまま室外機との連結パイプを通してしまうことが多く、連結用のスリーブが入っていない場合が殆どです。この場合は外壁側の粘土が十分に詰められいない可能性があります。
つめようとしても、壁の厚みしか詰めることができず、それ以上は壁の空間に詰めたはずの粘土が落ちてしまうからです。そこで、外壁貫通孔にはスリーブ(配管用のパイプ)を壁の厚さに入れ、この中に室外機の連結パイプを通すようにします。そして空いた隙間には、グラスウールを最初に十分に詰め、最後に粘土で塞ぐようにします。さらに粘土だけの仕上げは見苦しいのでスリーブ穴を防ぐプレートを被せるようにします。グラスウールも粘土もホームセンターなどで手に入れることができます。


A
 ガス暖房器具の吸排気トップ廻りの孔
これも部屋内で使用する、ガス暖房器具の燃焼ガスを外部に放出するタイプの器具です。屋外から取り込んだ空気で燃焼し、燃焼後の排気ガスは再び屋外へ出す暖房器具です。壁に穴をあけますので、設置場所をどこにでも移動は出来ません。外壁に穴をあけて空気の取入れと排気を行わなければならないからです。この器具も@と同様に不燃のスリーブを容れ不燃の詰め物とカバーをかけて音の侵入の防御を完全にします。


B
 換気扇用のベンドキャップ
これも部屋内で使用する、ガス暖房器具の燃焼ガスを外部に放出するタイプの器具で部屋の空気を汚さないため、よく利用されます。場所をどこにでも移動は出来ません。外壁に穴をあけて空気の取入れと排気を行わなければならないからです。この器具も@と同様に不燃のスリーブを容れ不燃の詰め物とカバーをかけて音の侵入の防御を完全にします。


C
 換気用ガラリ
換気すべき室内の床面積が大きい場合には吸気、排気別々設けたり、一つのガラリで吸排気を同時に行う場合などでは、Bのような小型のベンドキャップでは間に合わず、左の図のようなガラリを設けることがあります。これらは主に住宅以外の建物に多く用いられています。このガラリ自体にも騒音は発生します。外部の騒音が相当大きい場合でも、これが上回る場合もあります。吸気の風道にうねりを設けるなどの工夫が大切です。もちろん@〜Cで述べてきたような外壁とガラリとの取り合い部分も完全に行う必要はあります。




これを確実に行うだけでも効果がありますが、それでも完全ではない、もっと防音したいとと考える場合には、機器や器具にも防音性のを持ったものがあります。価格も商品単体では全て1万円以下のものです。

防音換気扇(外壁側)
 図1
防音タイプの換気扇で、外壁に取り付けます。これは外部からの音の侵入を防ぐことを目的としています。
低騒音換気扇(室内
側) 
 図2
台所の換気扇を回すと、テレビの声が聞こえないということはよくあります。匂いや煙の出るような焼肉などをしながらのテレビが楽しめないというような時に有効です。
低騒音換気扇(室内
側) 
 図3
高層マンションなどの部屋の窓を開けると、特別な強風の日でなくても風切り音が大きく、室内のものも散乱してしまうこともあります。これは防音のほか風量の調節、花粉対策などを行えるものもあります。取り外して洗うことも簡単にできます。

図1
図2
図3




騒音 6/19ページから7/19ページへ移動する










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.