ホーム > 住いの知識 > 畳

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 


1. はじめに「畳について」

2. 畳の歴史

3. 畳の原料「イグサとは」

4. 畳の構造「畳床」とは

5. 畳の構造「畳表」とは

6 畳の構造「畳縁」とは

7. 畳を織る「経糸」とは

8. 畳の分類

9. 畳の寸法

10. 畳の敷き方 1

11. 畳の敷き方 2

12. 茶室と四条半敷き

13. 畳の日常の手入れ

14 汚した時の応急処
  

15. 畳の値段

16. 畳の上の正座
  (しびれない座り方)



      
 11. 畳の敷き方 2

 畳の敷方については、祝儀敷きと不祝儀敷きがあることは、前ページで述べた通りですが、両者のこれ以外にも畳の敷方はあります。これから紹介するのは、ちょっと変わった敷き方ですし、その敷き方に対しても聞きなれない名称がありますが、よく見ればその名称を知らなかっただけで、敷き方そのものは見たことがあるということもあると思います。知っておいて損のないことですので、参考程度に見ていただければよいとおもいます。

祝儀敷き(しゅくぎじき)

■枕敷き(まくらじき)

 枕敷きは端の畳が枕となるような敷き方からこの名があります。枕のような位置にある畳を「枕畳(まくらだたみ)」といいます。下の図の左側がその基本形ですが、右側も同じ枕敷きです。交互に寝ることが出来ますね。

    




■延敷き(のべじき)

    
 この敷き方は、畳を同じ方向に一列に並べて敷く敷き方です。下の図の四ツ井敷きを延敷きというところもあるようですが、一列に並ぶというところが違っています。縁側に畳の縁を互いに接しながら敷き詰めます。歩きやすい敷き方だといわれています。




■乱敷き(らんじき)

  乱敷きは畳の敷方の一つではありま
すが、通常の追廻敷き(おいまわしじ
き)などに属さない敷き方のことです。
祝儀敷きの一つになります。現在、畳
のメーカーなどでは「モダン乱敷き(モ
ダンらんじき)」という新しい敷き方を提
唱して、若い人たちの畳の需要の喚起
を促しています。しかし、この乱敷きと
は全く違った敷き方です。





不祝儀敷き(ふしゅくぎじき)


■四ツ井敷き または 四つ居敷き (読みは同一のよついじき)

 全ての畳を同一方向に並べる敷き方のことで、畳の合わせ目が十文字なるようにした、すべてを平行におく敷き方になります。四ツ井敷きは不祝儀の時に敷かれた。ただし、20畳以上の大広間や寺院では、枕敷きにすることが難しいので、四井敷きにすることが多い。四井敷きにすると、畳の長手が短手を合わせるガイドにならず、合わせ目をきっちりと合わせなければならないので、逃げが許されなくなって精度のいる仕上げが要求されます。
 図の左は一般的な四ツ井敷きです、右側は大きめの床の間を設ける場合、四ツ井敷きははこのような「床刺し(とこざし)」を避けた敷き方になり、畳においても大きい目の畳の別注となります。なお、「四ツ井敷き」を「四つ居敷き」と書くこともあります。読みは同じです。左側の敷き方は「芋敷き(いもじき)」とも呼ばれます。芋目地(いもめじ)になるからです。


    




■帯敷き(おびじき)
 
    
 帯敷きの由来ははっきりしません。筆者の考えでは女性が着物を着た時に帯の上に帯締めをすることから、下の図の中央の畳が帯締めのように見えることからこの名がついたのではないかと考えます。帯敷きが不祝儀敷きの一つであることは間違いありません。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.