ホーム > 用語辞典 > 鉄骨工事用語辞典 ま行

  《PR》     


 W-Wallet 鉄骨工事用語辞典 ま行


用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

英数

 ・摩擦接合
 ・摩擦溶接
 ・まんじゅう
 ・マーキング
 ・溝型鋼
 ・ミルシート
 ・無収縮モルタル
 ・めがねレンチ




 摩擦接合(まさつせつごう)
物体と物体とを接触面の摩擦によって生じる力による接合方法。ハイテンションボルト接合などがある。

 摩擦溶接(まさつようせつ)
2つの金属部材を突き合わせ加圧しながら回転させ,生ずる摩擦熱により接合する溶接法。鋼,アルミニウム,銅などの棒の接合に利用され,異種金属間にも適用できる。

 まんじゅう
ベースプレートの下に設けられる半円球のモルタル。

 マーキング
高カボルト接合において、一次締めが終了した時点で、鋼材・座金、ナット・ボルトに白いマジックで直線を記入すること。一次締めの完了後、ボルトとナットが共同り[ともまわり](一緒に回ること)していないことなどを、マーク位置のずれを見て本締め完了の確認を行う。

 溝型鋼(みぞがたこう)
断面形状がカタカナの「コ」の字をした型鋼のこと。

 溝溶接(みぞようせつ)
母材と母材を重ね、一方の母材に細長い溝をつくり、その中に溶着金属を溶け込ませて溶接する方法。「スロット溶接(スロットようせつ)」ともいう。

 ミルシート
鋼材の品質や寸法を証明する書類。「鋼材検査済証(こうざいけんさずみしょう)」ともいう。

 無収縮モルタル(むしゅうしゅくモルタル)
ブリージング沈下や乾燥収縮による体積変化を非常に小さくしたモルタル。

 めがねレンチ
鳶職用の工具で、ボルトやナットを締め付ける大型のレンチ。





 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.