ホーム > 住いの知識 > タイル

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet タイル






  (貼り形状)

  (下地と目地)

 (納まりとタイルの選定)

  と分類

 (手張り工法と先付工法)



   (接着剤による工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イル側に塗る工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イルと下地の両方に塗
   る方法他)





18-2. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法でのパネル
    伸縮目地を設ける
    箇所

18-3. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地設
    計およびタイル割付
    け方法

18-4. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地部
    タイル納まり詳細

18-5. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法でのパネ
    ル伸縮目地を設ける
    箇所

18-6. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    設計およびタイル割
    付け方法

18-7. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    部タイル納まり詳細

   分類

  (PC板先付け工法)

  (GRC板先付け工法)

   形枠先付け工法(1)

   形枠先付け工法(2)

   形枠先付け工法(3)


   (床タイル貼り各種
   ケース@ABC)

   (床タイル貼り各種
   ケースDEFG)

  


 13. タイル手貼り工法  貼り付けモルタルをタイル側に塗る工法

  13-1 積上げ貼り

 この工法は内装タイルに適用するものです。まず躯体を櫛目(くしめ)ごてにて下こすりをした下地面に貧調合のモルタルをタイル裏面に乗せて、一枚ずつ下から積上げていきます。

 積上げ貼りの長所と短所
 長 所
@
接着強さのバラツキが少ない。
A
貼り付けモルタルが貧調合であり、貼り付けモルタル間が切り離されているので、下地・躯体の挙動に対する逃げがきき、剥離事故にが少ない。
B
仕上がり精度が良好である。
 短 所
@
下地精度に凸凹があっても、貼り付けモルタルの厚さを調節し、面を揃えることが出来るが、これには相当の熟練を必要とする。
A
施工能率が悪く、一日当たり400〜500枚が限度である。
B
下から積上げるまで為、施工高さに限度がある。一日に1.2b程度までが限界である。


施工のポイント

実際の施工の際には以下の4点がポイントとして上げられます。 
@
タイルは、吸水止めの処理のされていないものを用います。
A
仕上り代は内装で10〜30oとします。
B
モルタル調合は、内装タイルの場合C/S=1/4〜1/6、混和材、保水材は加えません。砂は泥分の少ないものを使用します。
C
タイル張り後、目地掃除を行います。



  13-2 改良積上げ貼り

外装タイルに適用される積上げ貼りの改良工法で、平坦なモルタル下地を作った後、タイル裏面に貼り付けモルタルを塗り付けて貼る方法です。平坦な下地は、コンクリート面でもよく、コンクリート直貼り(じかばり)として行うこともあります。

 改良積上げ貼りの長所と短所
 長 所
@
施工のバラツキが少なく、良好な接着強さが得られる。
A
タイル裏面全体モルタルを塗り付け、振り粉をしないため空隙が
なく、白華が生じにくい。
B
平坦な下地に貼り付けるため、積上げ貼りほど熟練を要しない。
C
仕上がりは良好である。
 短 所
@
圧着貼りに比べて張り効率が悪い。


施工のポイント

実際の施工の際には以下の3点がポイントとして上げられます。 
@
外装タイルの裏面は「蟻足」とし、1.5〜3oの高さを持つことが必要です。
A
モルタル調合はC/S=1/2〜1/3とし、必要に応じて保水剤、合成高分子エマルジョンを加えます。
B
タイル裏面に空隙が出来ないよう、タイル裏面全体にモルタルを貼り付けます。




  26-1 マスク工法

 マスク工法は、主にユニット化された外装モザイクタイルや外装タイルに適用します。連結されたユニットタイルの裏面に所定のマスクをかぶせてモルタルを塗り、精度良く仕上げた下地面に直ちに叩きつける工法です。

 マスク工法の長所と短所
 長 所
@
施工のバラツキが少なく、均一で良好な接着強さが得られる。
A
張り付け材料の塗り付けに熟練を要しない。
B
張り付け材料にロスが生じない。
C
下地に打った墨が消えない。
 短 所
@
貼り付けモルタル厚は、3oと薄く、下地精度が仕上がり精度となるために、良い下地精度を確保する必要がある。
A
塗る付け作業に場所をとり、外装の場合、足場が狭いと作業効率が下がる


施工のポイント
@
モザイクタイルの裏面は「蟻足」(0.7o以上)とし、内装タイルは吸水止め処理のものを用います。
A
モザイクタイルでは貼り付けモルタルに合成高分子エマルジョンを混和します。
B
モザイクタイル調合はC/S=1/0.5〜1/1とします。
C
下地精度は±1.5o/2m程度とします。













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.