ホーム > 住いの知識 > タイル

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet タイル






  (貼り形状)

  (下地と目地)

 (納まりとタイルの選定)

  と分類

 (手張り工法と先付工法)



   (接着剤による工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イル側に塗る工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イルと下地の両方に塗
   る方法他)





18-2. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法でのパネル
    伸縮目地を設ける
    箇所

18-3. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地設
    計およびタイル割付
    け方法

18-4. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地部
    タイル納まり詳細

18-5. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法でのパネ
    ル伸縮目地を設ける
    箇所

18-6. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    設計およびタイル割
    付け方法

18-7. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    部タイル納まり詳細

   分類

  (PC板先付け工法)

  (GRC板先付け工法)

   形枠先付け工法(1)

   形枠先付け工法(2)

   形枠先付け工法(3)


   (床タイル貼り各種
   ケース@ABC)

   (床タイル貼り各種
   ケースDEFG)

  


 16. 壁タイルの特殊下地への対応(2-1) 
    押出成形セメント板アスロック地 1

 押出成形セメント板アスロックへのタイル貼り

 潟mザワの押出成形セメント板には、タイルは貼り専用のアスロック(タイルロック)とアスロック規格品(表面平滑品)があり、外装タイル貼りを行う場合には、表面が蟻足形状となった「タイルロック」を使用します。ここではタイルロックを使用したタイル貼りについて説明していきます。

 タイルロック下地の問題点と施工のポイント
@
タイルロックのジョイントにまたがってタイルを貼ると、タイルのクラック、浮きの原因になります。タイルロックは、一間の中にタイルを割り込めるような工法のものを選定します。
A
タイルの貼り付けモルタルはポリマーセメントモルタルとし、改良圧着貼り、密着貼り、マスク工法などで直貼りします。しかし、まねるの建て込み精度が仕上がり精度そのままに仕上がり、精度に影響しますので、必要に応じて不陸調整を行います。


   タイルロック単板62o幅



  17-1 押出成形セメント板アスロックへの現場タイル貼り工法

 アスロックに蟻溝を設け、ポリマーセメントモルタルでタイルを貼り込む工法で、現場貼りの工法です。工場でタイル張りをした製品もあります。(アスロックタイルパネル)

 タイル貼りに使用するアスロックはアスロックの表面に、タイル貼り付け用蟻溝形状を施したタイル仕上げ用の専用パネルです。商品名は潟mザワの「タイルロック」です。タイルロックはパネルの表面に蟻溝加工をすることで、ポリマーセメントモルタルを介してタイルと一体化するよう配慮がしてあります。

 ■ 鉄骨構造でのタイル仕上げは、下地材の重量制限などにより採用が難しい場合がありましたが、タイルロックが採用を容易になりました。

 ■ タイルのモジュールに合わせ、タイルロックは各種が揃っています。

タイルロックの形状。上部が表面
タイルロックのパネルの表面の「蟻足」形状


 施工部位と施工方法
部位
タイルアスロック貼りけ材料タイル施工方法
外壁内壁
モザイクタイル50o角
50o2丁
50o3丁
タイルロック62o厚以上ポリマーセメントモルタルマスク貼り工
モザイクタイル貼り工法
外装壁タイル小口平
二丁掛平
二丁掛山型
100o角
ボーダー
タイルロック62o厚以上ポリマーセメントモルタル改良圧着貼
密着貼り工
接着剤貼り工法用外装壁タイル二丁掛タイプ100o角ボーダーアスロック60o厚以上弾性接着剤弾性接着剤貼り工法
大形タイル300o角以下アスロック60o厚以上弾性接着剤
内壁
内装壁タイル200o角
150o角
100o角
アスロック60o厚以上有機質接着有機質接着剤貼り工法
モザイクタイル(外壁・内壁同様)
外装壁タイル(外壁・内壁同様)
大形タイル450o角以下


施工のポイント

実際の施工の際には以下の5点がポイントとして上げられます。 
@ 貼り付け材料
貼り付けはポリマーセメントモルタルとします。モルタルはイナメントタフT(外  装タイル用)もしくはイナメントタフU(モザイクタイル用)を用い、タイルポリマーSB-102の3倍希釈液で混練したもの、または同等品を使用します。
A 吸水調整材
吸水調整材をタイルロックに塗布する場合には、希釈倍率、塗布量などの使用方法はタイルメーカーの仕様に従う。
B 墨出し
墨出し時に糸を張る場合は、タイルロックにクギなどを打たない。
C モルタル塗り
タイルロック目地部分のモルタルを必ずかき落とします。
D タイル貼り
1)
タイルの割付は、パネル内におさまるように割付し、パネル間にまたがないように注意します。
2)
タイル目地を適正に取り、突きつけ目地としない。モザイクタイルでは4〜5o、外装タイルでは、8〜10oが標準です。
3)
降雨時・降雪時・強風時など、タイル工事に支障の恐れがある時、又はこれらが予想される時は、原則として施工は行わない。
4)
気温が2℃以下になると予想される場合は、原則としてタイル張り工事は行わない。















 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.