ホーム > 住いの知識 > タイル

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet タイル






  (貼り形状)

  (下地と目地)

 (納まりとタイルの選定)

  と分類

 (手張り工法と先付工法)



   (接着剤による工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イル側に塗る工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イルと下地の両方に塗
   る方法他)





18-2. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法でのパネル
    伸縮目地を設ける
    箇所

18-3. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地設
    計およびタイル割付
    け方法

18-4. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地部
    タイル納まり詳細

18-5. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法でのパネ
    ル伸縮目地を設ける
    箇所

18-6. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    設計およびタイル割
    付け方法

18-7. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    部タイル納まり詳細

   分類

  (PC板先付け工法)

  (GRC板先付け工法)

   形枠先付け工法(1)

   形枠先付け工法(2)

   形枠先付け工法(3)


   (床タイル貼り各種
   ケース@ABC)

   (床タイル貼り各種
   ケースDEFG)

  


 18-2. ALCの縦壁ロッキング構法でのパネル伸縮目地を設ける箇所

 目地計画のポイント

実際の施工の際には以下の4点がポイントとして上げられます。 
@
縦壁ロッキング構法では出入隅部、ベランダ等の腰壁との取合い、階毎の水平目地および他部材との取合いにパネル伸縮目地を設けます。
A
タイルはALCパネルの幅、長さの間で割付け、パネル目地にまたがらないように割付けます。
B
タイル伸縮目地はALCパネルの目地と一致させ、すべてのパネル間目地をタイル伸縮目地とします。
C
基礎部との取合いもタイル伸縮目地とします。



 縦壁ロッキング構法では出入隅部やベランダ等の腰壁との取合いおよび、階毎の水平目地にパネル伸縮目地を設けます。伸縮目地のクリアランスは出入隅部では10〜20mm、腰壁や他部材との取合いでは20 mm、階毎の水平目地では10 mm を標準とします。



 
A部
階高寸法はタイルモデュールの整数倍に15 mm を加えた寸法が望ましい が、タイルモデュールに合わない場合は上下端部に切り物タイルを使用して納め、タイルが階毎の水平目地を跨(また)がないようにします。
B部
コーナー部は切り物タイルを使用し、タイルがパネル伸縮目地を跨がないようにします。
C部
開口上下で、タイルモデュールに合わない場合は切り物タイルを使用して納めます。













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.