ホーム > 住いの知識 > タイル

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet タイル






  (貼り形状)

  (下地と目地)

 (納まりとタイルの選定)

  と分類

 (手張り工法と先付工法)



   (接着剤による工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イル側に塗る工法)

  (貼り付けモルタルをタ
   イルと下地の両方に塗
   る方法他)





18-2. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法でのパネル
    伸縮目地を設ける
    箇所

18-3. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地設
    計およびタイル割付
    け方法

18-4. ALCの縦壁ロッキン
    グ構法での目地部
    タイル納まり詳細

18-5. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法でのパネ
    ル伸縮目地を設ける
    箇所

18-6. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    設計およびタイル割
    付け方法

18-7. ALCの縦壁スライデ
    ィング構法での目地
    部タイル納まり詳細

   分類

  (PC板先付け工法)

  (GRC板先付け工法)

   形枠先付け工法(1)

   形枠先付け工法(2)

   形枠先付け工法(3)


   (床タイル貼り各種
   ケース@ABC)

   (床タイル貼り各種
   ケースDEFG)

  


 27. 床タイル施工方法(2) 床タイル貼り各種 ケースDEFG

 モルタルの下地あり ケースD

 タイル下地をこしらえた後、圧着貼りを施工する方法です。下地表面に付着したレイタンス等の表面の汚れを除去し、水湿(しめ)しを十分に行うこと、伸縮目地を要所に設けることなどの点がポイントとなります。オープンタイムの取りすぎやタイルの叩き込み等の施工管理が不十分の場合は損傷発生が起き易い工法です。





 モルタル下地なしの場合 ケースE

 モルタル下地をこしらえず、路盤に直接施工する方法です。この方法では、路盤の不陸調整が殆ど取れないため、仕上がり精度が下地精度に依存してしまう欠点があります。また、コンクリート路盤の場合、表面の汚れ、レイタンスが接着を妨げるため、施工前に完全に除去しなければなりません。





 タイル平板(歩道専用) ケースF

 転圧した砂の上にタイルを敷き詰め、目地に砂を掃き込む方法です。透水タイルやブロック等の施工に適していますが、薄物のタイルですと、施工後に損傷が懸念されるため、タイル厚さは60o以上のものを用います。




 タイル平板(車歩道兼用) ケースG

 転圧した砂もしくは空練りモルタルの上にタイル張りしたコンクリート平板を敷き詰め、目地に砂を掃き込む方法です。あらかじめコンクリート板にタイルを施工しているため、施工不良によるタイルの損傷が少ない方法です。
















 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.