ホーム > 住いの知識 > トイレ

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet トイレ



  (木造住宅のケース)

  (木造住宅のケース)    

  (木造住宅のケース)

  (住宅のケース)

  (トイレ一般)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

   長短所

   いて





 14. ウォシュレットについて

 戦後、日本の社会は大きく変化しました。特に日本のトイレほど劇的に変わった身の回りの出来事は、そう多くありません。便槽の上の板敷きの床を長方形にくり抜いただけの便所から洋風便器にウォシュレットまで、劇的変化でした。今でこそ、そう驚かなくなったようですが、ひところは訪日客の間で大変な話題になったものです。確かに、日本のトイレは世界最先端を行っているといえるでしょう。
 そのきっかけとなったのは大衛生陶器の会社のコマーシャルでした。トイレの後でお尻を拭く行為に関して、
「拭き取ると言うよりも、汚れをあたりに引き伸ばして擦り付けているだけだ」
と説明し、それをテレビコマーシャルで証明したのです。それ以降、ウォシュレットは劇的に日本国内で使われるようになりました。

     またそののコマーシャルではないありませんが、その点、ウォシュレットという、水が噴出して、お尻を洗浄してくれるシステムは、確かにその意味から言えば理に叶っています。後は洗浄した際に付いた水を拭き取るだけで良いのです。痔もちの人にも好適です、ビデ機能もあり、生理中の女性などにも適しています。

 更に冬場には温水の利用も可能です。更にトイレットペーパーの代わりに、温風が出て乾かしてくれる装置もあります。

 但し、これらは意外に電気を消費し、便所だけの回線を引く必要があります。

  最近は建売住宅でもトイレ内に電源コンセントを設けています。また、ウォシュレットを標準装備をしているところも殆どとなりました。
 
外国でも有名人をはじめにウォシュレットの愛用者が増え続けている

 それらには、温水もちゃんと出るようなスペックになっています。後からウォシュレットを追加するにしても、ホームセンターでもたやすく手に入るようになりました。 さらに和風便器廻りの床よりやや下のレベルで、上部をカッターで切り取り、その上に洋風のウォシュレット付の便器に変えることも今ではできます。




■ウォシュレットの歴史

ウォシュレットは今では、ごく一般的に使われる「温水洗浄便座」の代名詞となっていますが、TOTOの商品名です。つまり、ウォシュレットのことばでなければ、「温水洗浄便座(おんすいせんじょうべんざ)」ということになります。温水洗浄便座は日本国内では、TOTOが初めて発売したものです。
 しかし、「温水洗浄便座」は日本ではなく、アメリカで発明されたものでした。TOTOは、それを輸入販売したのですが、製品が高価であるばかりでなく、温水の温度が安定せず火傷を負う事故も発生しました。
 それをもとにTOTOが改良を重ねて
1980年に二機種の発売に至りました。綺
麗好きの日本人になら普及が見込めると
して、発売に至ったものです。

さらに、『1982年には当時話題を集めてい
た戸川純を起用したCMで、仲畑貴志によ
る「おしりだって、洗ってほしい。」のキャッ
チコピー(第2弾コピーは「人の、おしりを
洗いたい。」)、そして、その独特のCM中
の歌によって一気に知名度を高めた。CM
については初回の放映時間がゴールデン
タイムであったことより視聴者から「今は
食事の時間だ。飯を食っている時に便器
の宣伝とは何だ!」などとクレームが入り、
おしりという言葉を使用したことなどにつ
いても批判されたがそれを乗り越えるだ
けのインパクトがあった』(Wikipedia)
初代ウォシュレット

『以後、全てのラインナップで着座センサーを導入した(それまでは着座していなくても温水が噴出した)。ふたの自動開閉や便器洗浄、さらには消臭、脱臭、芳香の機能の搭載にも成功した。ウォシュレットを装備した一体形便器(「ネオレスト」や「GG」など)の登場、また住宅用に限らず公共施設やオフィス、ホテル用のラインナップも整備された。』(Wikipedia)
 いささか古い統計ですが、2015年7月には累計販売台数2000万台をたっせし、現在もトップシェアを保っています。



画像出典:初代ウォシュレット Wikipedia




トイレのトップページへ移動する











 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.