ホーム > 住いの知識 > トイレ

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet トイレ



  (木造住宅の場合)

  (木造住宅の場合)    

  (木造住宅の場合)

  (住宅の場合)

  (トイレ一般)

  (住宅以外)

  (住宅以外

  (住宅以外)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

  (住宅以外)

   長短所

   いて




 9. 小便器廻り寸法(住宅以外)

 トイレブースに取り付ける器具類の位置は大体決まりがあります。少々のずれがあっても不自由ということはないものの、使いやすい位置としての大方の決まりは守ってください。器具の取り付ける位置がトイレブースである場合には、トイレブースに補強の板を事前に仕込んでおかねばならないので、計画的に行う必要があります。
 取り付ける器具とはトイレットペーパーや汚物を流すフラッシュバルブとハンドル位置、手荷物掛け兼用のドアにつける戸当りなどです。他にも、フラッシュバルブのハンドルの代わりに手をかざすセンサーの組み込まれた物、擬音装置、芳香剤容れ、ウォシュレットの操作パネルなどがあります。


上の図のうち左の2台はストール型小便器の例です。ストール型とは床から立ち上がった形状の小便器のことです。利用者の身長に関わりなく、子供から大人まで楽に使用できます。右端のものは、単に壁掛け小便器ですが、メーカーでは、壁掛けストール型小便器などと呼んでいるところもあります。ストール型小便器は床置きなので、その分周りの掃除に手間がかかります。メーカーが壁掛けストール小便器と呼んでいるものもストール型として含めて、両者は小便器の上と両サイドに目隠し用のリブがついており、隔て板を必要としません。





   小便器間に隔壁を設ける場合
壁掛け型小便器の例です。上の図の形状の壁掛け型小便器によっては隔て板を設ける必要が有ります。床置き型であるストール型は、殆どの場合必要としませんが、壁掛け型の多くが隔て板を設ける必要があります。壁掛け型小便器は小便器の下の床が空いているため清掃に便利な反面、子供などにとっては便器が高すぎる場合もあります。また、壁に取り付けた場合、下地の腐食などで便器の落下などもありうるため、最近ではストール型が主流です。なお、隔て板の高さは大体1000〜1200程度とします。





 ■小便器前の汚垂れ石について

 汚垂れ石(おたれいし)とは男子便所の小便器の下にに設ける15o〜25o程度の厚さの板状の石です。その名の通り小便が垂れて落ちて汚れる石ということになります。アンモニアや酸に強い石であることが必要です。奥行きは550o〜600oとします。これ以上に広く取りなりますと、立ち位置が後ろになりがちで、便器から小便が外れやすくなり不適当です。汚垂れ石を設ける場合は、トイレの床が長尺塩ビシート貼りの拭き取り便所のケースです。床がタイル張りで水洗いの便所には、必ずしも設ける必要はありません。しかし、それは設けてはならないということではありません。見栄えや小便時の立ち位置の確保などのために設けているところお多々あります。

汚垂れ石は汚れにくく匂いが染みつきにくい御影石が用いられることが多のですが、衛生陶器メーカーでは磁器質タイルを代用品として販売しています。いずれの場合でも、800o程度の長さを目地3o程度を取りながら割り付けることになります。納まり上、汚垂れ石と塩ビシートとは図のようには5o程度の段差(チリ)を取った方が、汚垂れ石を外して立たれる可能性を防止するためには、よいでしょう。





 ■小便器前の手すりについて

 多数の人が利用する男子トイレには、一つ又は複数の小便器のうちの最低でも一つは、手すりが付けられたものがあります。いわゆる体の不自由な人が利用する時のためのものです。これに上体を前の手すりパイプに寄りかからせたり、片手で握ったりしながら用を足すわけです。時にはふらついて全体重をかけることもあり、取り付けに当たっては下地が頑丈であることが必要です。軽鉄間仕切り(LGS下地にボード)などのような場合には手すりの付く部分には薄い鉄板を貼ったり耐水べニアを貼ったりして補強をしておく必要が有ります。

手すりは大抵、錆びることがほとんどないステンレス(SUS304)のヘアーライン程度がよく見かけるところです。汚れも付きにくく、清潔感があります。




 共通事項
@
▼の印は壁仕上がり面を示しています。
A
トイレブースの厚みは4cmが一般的です。
B
壁仕上がりは100角タイルを、ブースはタイル目地位置にくることを想定しています。従ってタイル割り合わせとなります。
C
床はモザイクタイル又は硬質塩ビシート程度。
D
図中の使用の衛生陶器(便器、手洗い器)等はイメージです。現在生産されていないものも含まれれています。また、現在生産されていても、近い将来、変更や生産中止になることがありますので、承知おきください。














 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.