ホーム > 住いの知識 > 突 板

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet  突板


1. 突板とはなにか      

  



  (国外材)





 6. 突板のサイズと用途

 突板は国内で流通のものには下記のような厚さと長さがあります。幅に関しては木の直径や製材の仕方によって違います。突板は薄い1pに満たないものでは、傷つけるとすぐに地が現れたりするほか、磨けば磨くほど艶(つや)が出るということなどはありません。従って、テーブルとか床には薄いものは不向きです。

      突板のサイズ
厚さ
長さ
 薄突板
0.18o〜0.30o
1830o・2150o・2450o・3000o・
4000oが主流
 厚突板
0.40o〜0.60o
 特殊厚突板
0.80o〜2.00o

 突板の幅に関しては、材質にもよりますが、80oから最大600mmです。600mmは特例的に広く、一般的には80mm、100mm、120mm、170mm、200mm、280mm、300mmといったところです。用途は、薄突きはほとんど合板用(天然木化粧合板)、厚突きは一部が合板で、その内のほとんどは内装積層材用として用いられています。


■天然木化粧合板について(突板の用途)

 天然木の美しいし色合いや、木の模様のあるものを一枚の板にすれば、高価になり、僅かしか利用できません。そこで、台板(元となる材)の上にその美しい木材を薄く削って張り付け、表面積を数十倍に広げたものが「天然木化粧合板」です。台板となる合板の種類は主にラワン合板(ラワンベニヤ)が多く、最近では木材の細い繊維を熱圧成板したMDF(中質繊維板)やMDFより荒い繊維を使ったパーチクルボードなどに貼るものもあります。これらに突き板を貼ることを「練付(ねりつけ)と呼んでいます。


■天然木化粧合板の価格(一例)

 突板は上記のように非常に薄いものであり、通常は数ミリから30ミリの合板に貼ったものが販売されています。その内2.5ミリから5.5ミリまでの合板に貼った物の価格を一部を紹介しておきます。

     天然木化粧合板の価格表の一例
寸法o
厚さ2.5o
厚さ4.0o
厚さ5.5o
 タモ柾目
900×1800
2,500円〜
2,700円〜
3,100円〜
1200×1800
3,500円〜
3,700円〜
4,200円〜
 タモ板目
900×1800
2,300円〜
2,500円〜
2,900円〜
1200×1800
3,200円〜
3,700円〜
4,300円〜
 桜柾目・板目
900×1800
3,200円〜
3,500円〜
3,700円〜
1200×1800
6,400円〜
7,000円〜
7,600円〜
 けやき柾目
 ・板目
900×1800
5,300円〜
5,500円〜
5,900円〜
1200×1800
7,200円〜
7,800円〜
8,400円〜












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.