ホーム > 住いの知識 > GL工法

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet GL工法





  





 6. GL工法の短所

 GL工法の短所をあげてみました。GL工法そのものに短所があるわけではなく、結果として短所となってしまったと行った方が正しいでしょう。

 短所が出てしまう場所では、違う工法に因ればよい話です。それは、設計者と施工者が考えるべき問題です。現に遮音性の問題に関しては、その部分には現在は使用されていません。


1.
遮音性の問題

 一般的にマンションなどの各住戸同士の界壁(隔て壁の事)がコンクリートで出来ています。その場合、コンクリートの壁が薄かったり、スリットと呼ばれる、構造上の切れ目、あるいは隣の住戸と同じ位置にコンセントがあるなど があると、このGL工法を界壁面に使うと壁とボードの間の隙間に太鼓現象という共鳴がおこり、音が大きく聞こえることがあります。

 ささやかな話し声でさえ、聞こえることがあります。

 したがって、最近では、お隣とのコンクリートの壁の場合にはGL工法は用いなくなりました。その代わりとして、コンクリート壁の前にLGS(軽鉄下地)を組みボードを張ります。

 もし、ボード貼りを使う場合は、空間を作らず、接着剤で壁とボードや断熱材をピタッと張り付けてあれば音に関しては大丈夫でしょう。

こういうことも。


2.
結露によるカビの発生問題

建物内部の水分を多く含んだ空気は換気が出来ず、室内と室外の温度差により内壁面で結露し、湿式のGLボンドを伝わり内壁の仕上げ材である石膏ボードへと吸収され、カビを発生させる問題があります。

 ただし、必ずこうなるというわけではありません。従ってこういう事態が起これば、Gl工法を止め、木製下地やLGS下地を組みボードを貼ることとなります。

ボードに発生したカビ(写真下)

写真A(出典:ミツワインテリア)














 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.