ホーム > 住いの知識 > 駐車場計画

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 駐車場計画


1. 駐車とは

2. 駐車場に関する法律

3. 自動車の寸法規格

4. 自動車の寸法呼称

5. 最小回転半径につい
  

6. 駐車の必要スペース
  寸法

7. 駐車場の車路の必
  要寸法

8. 駐車スペースの取り方
   (基本寸法)

9. 駐車スペースの取り方
   (平行(縦列)駐車)

10. 駐車スペースの取
   り方
   (角度付き駐車
      20°45°60°)

11. 駐車場 タイプ別の
   長短

12. 立体駐車場の分類

13. 自走式立体駐車場
   設備 (斜路形式)

14. 機械式立体駐車場
   設備

15. 上手な車庫入れの
   方法




      
 12. 立体駐車場の分類

 立体駐車場は土地利用の効率化を図る上で有効な手段です。ただし、設置にかかる費用や維持管理費が生じます。ですからそれに見合う収益が見込めなくてはなりません。

 さて、立体駐車場設備という事からも解るように平面方向だけでなく、立面方向にも駐車場を設ける設備のことです。つまり多層に渡って設ける駐車場設備です。
これらを立体駐車場といいます。

 これには、自走式立体駐車場設備と機械式立体駐車場設備の二つがあります。
 自走式立体駐車設備は、車を運転者自らが運転して、多層階に移動して駐車する設備のことです。スーパーなどの物販店舗の屋上に設けられたり、売り場の階数に合わせて付属して駐車場棟として設けられたりします。詳細については、13ページで解説します。

 機械式立体駐車設備は、機械によって多層階に渡って車を移動保管する設備のことです。

 表中の2.及び3.は機械式立体駐車場にしてまとめてみました。これについては次ページより説明します。


   種 類
特 徴
 1.自走式立体駐車場設備 自走式とは、運転者自らが運転して車を駐車スペースに駐車する方式で平面駐車場が最も一般的な駐車の仕方です。自走式立体駐車場では運転者が多層階へ斜路と呼ばれる勾配のついた車道を移動して、駐車を行ないます。
 2.往復式機械立体駐車場 
 設備
 2-1.二段式・多段式方式    
 2-2.平面往復方式    
 2-3.エレベーター方式  
 2-4.エレベータースライド方式  
 2-5自動車エレベーター方式  
 3.循環式機械駐車場設備 2-4.エレベータースライド方式  
 3-2.水平循環方式    
 3-3.多層循環方式    


2.及び3.は次のページから見ていきましょう。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.