ホーム > 住いの知識 > ステンレス

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ステンレス

 5. ステンレスの表面仕上の種類

 ステンレスの持っている耐食性と表面の美麗さに加えて、メンテナンスフリー、意匠性、清潔感、機能性をあげるために各種の表面仕上げが使われています。主な表面仕上げを表1に示します。製法は圧延ロールによるもの、研磨によるもの、その他にエッチング、ショットブラスト、着色などの方法があります


 ■ 最近の使用される傾向は

 これまで、主にNo.2B、No.4、BA、HLなど目的に応じて選定され使用されていましたが、高い意匠性の要求や、機能性の必要から新しい表面仕上げが採用されています。


 それらの内で建築分野のみを取り上げました。

 ステンレスの使用では内・外装材として、シックで高級感が得られるバイブレーションやビーズブラストなど艶をおさえたものが指向されています。


 特に内装デザイナーの芸術的個性に応えて鏡面研磨、エッチィング、HL、イオンプレーティングなど高度な手法が用いられています。また、最近ステンレスが構造材として認められ、形鋼などの構造部材も意匠の対象となり表面仕上げして使用されています。


     
     表1 ステンレスの表面仕上げの名称・状態・方法・用途
 名  称
表面仕上げの状態
画像
表面仕上げの方法
用途
No.1
銀白色で光沢がない
熱間圧延後、焼鈍→酸洗で仕上げたもの。
表面光沢を必要としない用途に使用。
No.2D
灰色で光沢が少ない。
冷間圧延後、焼鈍→酸洗で仕上げたもの。
一般用材、建材
No.2B
No.2D仕上げよりなめらかで、やや光沢のある仕上げ。
No.2D材に鏡面に近いロールで軽く冷間圧延(スキンパス圧延という)をしたもの。
一般用材、建材(市販品の大部分は、この仕上げ品)。
No.3
光沢のある、粗い目の仕上げ。
P100〜P120番のベルトで研磨したもの。
建材、厨房用品 
No.4
光沢のある細かい目の仕上げ。
P150〜P180番のベルトで研磨したもの。
建材、厨房用品、車両、医療器具、食品設備
#240
細かい目の研磨仕上げ。
適当な画像がありません。
P240番程度のベルトで研磨したもの。
厨房器具
#400
#240より、さらに細かい目の研磨仕上げ。
P320番程度のベルトで研磨したもの。
厨房器具
BA (バフ)
圧延後の表面を引き継ぐが一般に光沢のある表面仕上げ。




む、拙僧の頭もバフ仕上げかとお尋ねか?
冷間圧延後、光輝焼鈍(無酸化焼鈍)を行ったもの、光沢を高めるため、スキンパス圧延をすることもある。
自動車部品、家電製品、厨房用品、装飾用 
HL
(ヘヤライン)
長く連続した研磨目を持った仕上げ。
通常P150〜P240番の砥粒研磨ベルトで長い研磨目をつけたもの。
建材の最も一般的な仕上げ。

おお、これが噂のヘアラインなのか!
No.7
高度の反射率を持つ準鏡面仕上げ(研磨目あり)
P600番の回転バフにより研磨したもの。
建材、装飾用
No.8
(鏡面)
鏡に近い仕上げ(研磨目なし)
最終研磨は鏡面用バフによる。
建材、装飾用、反射鏡
ダル
2Dより目の粗いつや消し仕上げ。
つや消しロールで圧延あるいはショットブラストして表面に細かい凹凸をつける。
建材
バイブレーション
無方向性ヘアーライン研磨仕上げ。
多軸水平研磨により、無方向性のヘアーライン仕上げしたもの。
建材
エンボス
凹凸の浮出し模様のついた仕上げ。
エッチングまたは機械的に模様を彫り込んだエンボス用ロールで圧延したもの。
建材、装飾用
化学発色
数種の色調が得られ、密着性、耐摩耗性が良好。
化学的に発色したもので、硫酸に無水クロム酸を加えた水溶液(80〜90℃)に浸漬着色後、硬膜処理をほどこす。
建材、厨房用品
酸性黒色酸化着色数種の色調が得られるが、密着性、耐摩耗性は十分でない。
硫酸に酸化剤を加えた水溶液(90〜100℃)に浸漬する。
光学部品、美術品
エッチンク
化学処理により模様づけられた仕上げ。
適当な意匠図案を耐酸性の被覆材で覆い、その他の部分を腐食液(塩化第2鉄溶液)で腐食溶解したもの。
美術品、建材、厨房用品
塗装ステンレ数種の色調が得られ、加工コストが安い。
合成樹脂系塗料を焼付け塗装する。
建材、厨房器具







 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.