ホーム > 住いの知識 > シーリング

  《PR》        

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet シーリング


1. シーリングとは何か

2. シーリングの目的とは
  何か

3. シーリング材の種類と
  特徴

4. シーリング材の種類別
  用途

5. シーリング材の性能

6. シーリング材の寿命と
  改修(コンクリート編)

7. シーリング材の寿命と
  改修(サイディング編)




 
 5. シーリング材の性能

 シーリング材はその主成分の特徴を理解しないで使用すると所期の目的を達成できないことがあります。これらのうちポリサルファイド系シーリング材は、目地の動きに追従する弾性系シーリング材として、1958年(昭和33年)に米国から輸入され、1963年(昭和38年)に国産化された最も歴史のある材料です。

成分
種類
主成分












1成分形
湿気硬化
シリコン系(脱オキシム形)
×
変性シリコン系
変性シリコン系(低モジュラス)
ポリサルファイド系
ポリウレタン系
酸素硬化
変性ポリサルファイド
乾燥硬化
エマルジョンタイプアクリル系
SBR系
溶剤タイプブチルゴム系
非硬化型油性コーキング系
シリコン系
×
変性シリコン系
2成分形反応硬化
ポリサルファイド系
ポリウレタン系(ウレタン)
アクリルウレタン系



 









 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.