ホーム > 住いの知識 > シーリング

  《PR》        

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet シーリング


1. シーリングとは何か

2. シーリングの目的とは
  何か

3. シーリング材の種類と
  特徴

4. シーリング材の種類別
  用途

5. シーリング材の性能

6. シーリング材の寿命と
  改修(コンクリート編)

7. シーリング材の寿命と
  改修(サイディング編)




 
 6. シーリング材の寿命と改修(コンクリート編)

 シーリングは一度してしまえば永久的に機能するという物ではありません。寿命があります。環境にもよりますが、6年から10年で劣化が進むといわれています。10年は節目です。修繕計画を立てて、改修を行う必要があります。放っておくと、劣化がさらに進むみ建物内部に水がしみ込み始めます。そこから建物本体の劣化が加速され建物の寿命を著しく損なう結果になります。 

シーリングの劣化の進行は凡そ次のようなものです。

@
A
B
老化が始まる
(痩せる)
劣化が始まる
(ひび割れが見られる)
ひび割れが進みシーリン
グが割れ口が開く
(ひどい状態は剥がれる)


 劣化が著しく進んだ状態では打ち換えが必要になり、おおよそ下記の「改修の段取り」のようになります。そこまで行かずに手を加える場合は、増し打ちといって既存シーリング材の上にシーリング材を重ねる作業になります。

 改修の段取り(コンクリート編)

 改修箇所が高所に及ぶ時は、足場や高所作業車が必要になります。シールリングは二面接着で必ず行います。二面接着とは文字通り二面にのみシーリング材が付くものです。縦目地であれば、目地の右面と左面ですし、横目地であれば、上面と下面ということになります。

 目地の底にシーリングが付くと、あわせて三面接着となってしまいます。三面接着の場合建物の変動などに追随できず割れてしまったり変形したりして、機能が失われてしまいます。目地底に入れるバックアップ材はこの三面接着を防止するものです。

@
既存シーリング材撤去
カッターなどで切り目を入れ、既存シーリングを完全に撤去します。
A
マスキング
シーリング材を充填する際に、目地以外に余分なシーリング材がつかないよう紙テープなど貼り養生します。
B
バックアップ材挿入の後プライマー塗

プライマー塗布に先立って目地底全面に行き渡るようにバックアップ材を挿入します。このバックアップ材にはプライマーを塗布しても付きません。
バックアップ材はシーリング材が底面について三面接着とならないために入れます。
シーリング材の密着性を高めるため、プライマーを塗布します。
C
シーリング材充填
強度や弾力性をさらに高めるため、この作業を2回行うこともあります。
D
 仕上げ
充填したシーリング材をヘラで均します。
E
 養生撤去
養生テープを剥がして作業完了です。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.