ホーム > 住いの知識 > GL工法

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet GL工法





  



 5. GL工法の長所

 GL工法の長所は何でしょうか。これだけ広く利用されているには、相応の訳があ
るはずです。下の表にまとめてみました。長所があるからには、短所も必ずあるも
ので、それは、次の6ページ「GL工法の短所」にあげています。


GL工法の長所
1.
  
第一には省力化です。

コンクリ−トの不陸(ふりく壁に凸凹や型枠のズレ、コンクリートの壁が垂直でないなど)をなおしが不要です。これらは、GL工法でボードを貼ることで,あるいは貼りながら修正できるからです。

したがって、下地調整及び下地や骨組を必要とせず、作業が省力化されます。

2.

施工が容易です。
コンクリート面ににGLボンドをダンゴ状に塗りつけせっこうボ−ドを直接圧着するだけで、特別な技術を必要としません。

3.

工期の短縮です。
GLボンドの硬化後、直ちに継目処理ができ、乾燥期間を経て仕上にかかれます。

5.

仕上がりの薄さです。
コンクリート面から、わずか25ミリから30ミリで仕上がります。

外壁側に発泡スチロールの断熱材を吹いた上からも施工が可能です。つまり、内断熱の上からも施工が出来ます。

コンクリートブロック面、ALC面にも施工が出来ます。

また、石膏ボードだけでなく、ケイカル板(ケイ酸カルシュウム板)でも施工が出来ます。








 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.