ホーム > 住まいの設計 > 参考書籍

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 建築の参考書籍紹介


1. 建築の参考書籍の紹介
   (はじめに)

2. 建築の参考書籍の紹介1
  (建築施工図作成と
         手順と技法)

3. 建築の参考書籍の紹介2
   (建築申請メモ)

4. 建築の参考書籍の紹介3
  (戸田建設の建築標準
   ディティール図集)

5. 建築の参考書籍の紹介4
  (建築施工原寸図の見
   かた描き方)

6. 建築の参考書籍の紹介5
   (建築施工図の描き方)

7. 建築の参考書籍の紹介6
 (おさまり詳細図集@
       木造編)

8. 建築の参考書籍の紹介7
  へーベルテクニカルハン
  ドブック
 (ALCの技術的手引書)

9. 建築の参考書籍の紹介8
  (コンパクト建築設計資
   料集成)

10. 建築の参考書籍の紹介
  9(図解 給排水・衛生施
   工図の見方・かき方)




    
 2. 参考書籍本の紹介1
 
「建築施工図作成と手順と技法」 彰国社編 

「建築施工図作成と手順と技法」は私が施工図を書き始めた一年目の終わりころに買った本です。今でも愛読しています。お陰で相当ボロボロになりました。

  1.「天井伏施工図」
  2.「外装タイル施工図」
  3.「階段まわり施工図」
  4.「便所まわり施工図」
  5.「ドアまわり施工図」
  6.「サッシまわり施工図」

 1)施工図を書くために必要な情報の収集。
 2)収集した情報の項目間に自ずと生じる役割の主要なものを、相互関係表にまとめ。

 著書の中で、三段階評価をしています。それを必須検討項目、整合性の検討および検討不要に分類してマトリックス表にまとめています。こうする事で、必要検討項目に全力投球でき、整合性の検討部分は、お互いの機能や性能に食い違いがないかを見ればよいことになります。言葉では、説明しにくいので店頭で立ち読みの結果、購入されればよいかと思います。私の場合は、施工図を書く場合や業者に図面を書かせる場合、書かせた場合のチェック漏れや納まりに対する基本的な考え方に問題がないかの点検に使っていました。



「建築施工図作成と手順と技法」
   彰国社編
 当時の価格:3708円(税込み)でした。

アマゾンでも買えます。
建築施工図 作成の手順と技法




 

建築の参考書籍の紹介の2/10〜3/10ページへ移動する









 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.