ホーム > 広告の見方 > 私道

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 私道(しどう)


1. 私道と公道の違い

2. 私道とは何か

3. 私道の所有形態私
  道は誰のものか 

4. 私道所有のデメリット
  とリスク

5. 私道所有のメリット

6. 私道負担とは

7. 共有する私道のメン
  テナンス

8. 位置指定道路とは

9. 位置指定道路の管
  理責任 

10. 位置指定道路の廃
   止について

11. 私道にかかわるト
   ラブル

12. 私道トラブルに、参
   考本の紹介

      
 3. 私道の所有形態 私道は誰のものか

 結局のところ、私道とは誰のものなのでしょうか。


それは、私道を利用する個人、企業、団体のものです。
その利用形態が、共同利用なら、それらは共有物です。私道を利用することなしに生活が成り立たない人たちのものなのです。その土地に居続ける限り、私道を共有するもの同士が互いに迷惑をかけないように、折れ合って利用していくしかありません。


 私道の所有形態には多様な形態があり、個々のケースで微妙に違ってきますが、大きく2つに分けると 『地主 などの限られた数で所有するケース』 と 建売の分譲住宅のように『その私道に接する敷地の所有者全員で共有するケース』 とになります。


 分譲住宅購入時には私道負担の確認がおろそかになり易くなりますので、まず、最初に確認してください。販売物件では、時々「どうしてこんなにこの場所で安いの?」と考え込む事があります。それにはそれなりに理由がある筈です。私道が問題を抱えているのかも知れません。また、分譲住宅(土地だけの購入のケースも含めて)よく確認してください。


私道負担のある住宅は、ない場合と比べて割安です。しかし、売る時あるいは、売らない場合でもその価値は割引されてしまいます。この辺にも注意してください。


もし、私道負担があるのにそれを告げられなかったなら、明らかに宅建業違反です。


 新聞やチラシには、小さい文字ながらどこかに書いているはずです。
もし、それがなければ私道負担はない分譲住宅と考えて間違いないでしょう。







 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.