ホーム > 住いの知識 > 階段2

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 階段2



1. 階段とは、また法的
  適用範囲

2. 階段の各部の名称

3. 階段の蹴上と踏面
  の関係及び中間踊り
  場について

4. 階段の天井高さと階
  段踊り場の梁につい
  

5. 上りやすい階段とは

6. 階段の構造上の分
  類と関法文

7. 屋内階段と屋外階
  段の違い

8. 法規制による階段
  寸法
(有効幅.蹴上.踏面.踊場)

9. 直通階段とは何か

10. 直通階段に至る歩
   行距離

11. 2つ以上の直通階
   段が必要な建物

12. 避難階段と特別避
   難階段の相違

13. 避難階段又は特別
   避難階段の設置義務

14. 避難階段の構造

15. 特別避難階段の
   構造

16. 階段の手すりにつ
   いて

17. 階段に代わる傾斜
   路について

18. 特殊用途に使用す
   る階段

19. 階段と階高さとの
   関係

20. 屋外階段かどうか
   の判断の仕方

21. 屋外階段の開口延
   焼の適用について

22. 屋内階段の床面積
   算入の考え方

23. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(1)

24. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(2)

25. 屋外階段の建築面
   積の算定の仕方

26. 階段形状の色々1.

27. 階段形状の色々2.

28. 螺旋(らせん)階段
   とは

29. 階段用語集



      
 22. 屋内階段の床面積の算入の考え方

 屋内階段とは、建物の内部にある階段のことです。これは7ページの「屋内階段と屋外階段の違い」でで解説しました。屋内階段の床面積の算定の考え方は、次の通りです。
 各階の床面積に算入します。つまり、斜めの階段部分も水平の床として計算します。建築においては面積はすべて水平投影面積とします。
 水平とは要するに、階段が斜めに降りていっても、上がっていっても、その階でフラットな床として計算します。従って下の図のドット柄部分を水平な床として面積に算入すればよいわけです。





 ただし、最後の階に登るだけで、最後の階からさらに上の階に登らない場合は、半分だけ参入すればよいわけです。(下の図↓参照)
最上階で屋上に向かう階段がない場合はドット柄で囲んだ部分の水平投影面積を床面積に算入すれば良い。最上階の踊り場を図より広げた場合は、その部分も算入対象となる。

 また、1階の階段の下部を利用しない場合は、階段部分を1階の床として扱い、その上部は吹き抜け部分として、床面積には算入しません。(下の図)

逆に言えば
1階は床下を利用する場合には、その部分を1階の床面積に付け加えて計算することとなります。(上図)なお、階段が避難階段や特別避難階段である場合には、階段の中に他の部屋を設けることは出来ません。例えば物入れなど。図は階段の中に設けているわけでなく、階段下を耐火構造の壁で仕切り、その階段の外側から利用する場合は、問題ありません。















 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.