ホーム > 住いの知識 > 階段2

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 階段2



1. 階段とは、また法的
  適用範囲

2. 階段の各部の名称

3. 階段の蹴上と踏面
  の関係及び中間踊り
  場について

4. 階段の天井高さと階
  段踊り場の梁につい
  

5. 上りやすい階段とは

6. 階段の構造上の分
  類と関法文

7. 屋内階段と屋外階
  段の違い

8. 法規制による階段
  寸法
(有効幅.蹴上.踏面.踊場)

9. 直通階段とは何か

10. 直通階段に至る歩
   行距離

11. 2つ以上の直通階
   段が必要な建物

12. 避難階段と特別避
   難階段の相違

13. 避難階段又は特別
   避難階段の設置義務

14. 避難階段の構造

15. 特別避難階段の
   構造

16. 階段の手すりにつ
   いて

17. 階段に代わる傾斜
   路について

18. 特殊用途に使用す
   る階段

19. 階段と階高さとの
   関係

20. 屋外階段かどうか
   の判断の仕方

21. 屋外階段の開口延
   焼の適用について

22. 屋内階段の床面積
   算入の考え方

23. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(1)

24. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(2)

25. 屋外階段の建築面
   積の算定の仕方

26. 階段形状の色々1.

27. 階段形状の色々2.

28. 螺旋(らせん)階段
   とは

29. 階段用語集



      
 27. 階段の形状色々2

 前ページからの続きです。

1.

いわゆる「行って来い」の階段です。廻り階段の一種ですが、避難階段としての計画では、避難する場合(上から降りてくる場合)UPの記入のあるところから廊下に出たところで、この階段が下に下りてゆけると判断できるように下に向う階段が見えていなければなりません。避難時に避難する人が迷い、動きが一時止まり、危険だからです。

2.

折れ階段です。中間踊場で方向転換します。図は90度に折れていますが、90度出なければならない理由はありません。何度でもいいわけです。

3.

らせん(螺旋)階段です。らせん(螺旋)階段は外見が美しく、インテリア的によく使われます。また、スペースを他の階段に比べて取りません。
 しかし、この階段は、ぐるぐる回りますので非常に使いづらくおすすめできません。せいぜい、階数にして、1〜2階で使う程度にしておいた方がよいでしょう。螺旋階段は別ページに掲載しています。

4.

X(エックス型)の階段の例です。エックス型とは、横から見るとXの形をしているからです。古い百貨店などに多い例です。

 中間にある踊場を共用しています。ここから下りることも上る事も出来て、自分が下りた階の目的場所の反対側に出てしまうというような事がないのでとても使いやすい階段ですが、スペースを多く取り贅沢な階段です。












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.