ホーム > 住いの知識 > 階段2

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 階段2



1. 階段とは、また法的
  適用範囲

2. 階段の各部の名称

3. 階段の蹴上と踏面
  の関係及び中間踊り
  場について

4. 階段の天井高さと階
  段踊り場の梁につい
  

5. 上りやすい階段とは

6. 階段の構造上の分
  類と関法文

7. 屋内階段と屋外階
  段の違い

8. 法規制による階段
  寸法
(有効幅.蹴上.踏面.踊場)

9. 直通階段とは何か

10. 直通階段に至る歩
   行距離

11. 2つ以上の直通階
   段が必要な建物

12. 避難階段と特別避
   難階段の相違

13. 避難階段又は特別
   避難階段の設置義務

14. 避難階段の構造

15. 特別避難階段の
   構造

16. 階段の手すりにつ
   いて

17. 階段に代わる傾斜
   路について

18. 特殊用途に使用す
   る階段

19. 階段と階高さとの
   関係

20. 屋外階段かどうか
   の判断の仕方

21. 屋外階段の開口延
   焼の適用について

22. 屋内階段の床面積
   算入の考え方

23. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(1)

24. 床面積として算入し
   ない屋外階段の
   ケース(2)

25. 屋外階段の建築面
   積の算定の仕方

26. 階段形状の色々1.

27. 階段形状の色々2.

28. 螺旋(らせん)階段
   とは

29. 階段用語集



      
 24. 屋外階段ー面積算入をしないケース(2)

 次のケースの屋外階段では有効なな開放性を有しているものとして、面積算入をしません。従って下記以外は算入します。
イ)
外気に有効に開放されている部分の長さが、その階段の周長の1/2以上ある場合。
ロ)
外気に有効に開放されている部分の高さが、1.1m以上でその階段の天井の高さの1/2以上ある場合。





1









 敷地境界線との有効幅幅が50cm以下の部分は、外気に有効に開放されている部分とはみなしません。それでも開放部分が周長の1/2以上を有する場合には、面積不算入とし、有しない場合には算入とします。

 すなわち、

 a+b+c≦1/2{a+2(b+c)+d}



2









 上記の面積算入、不算入場合の判断

 1.La<2m、Lb≧2m、Lc≧50cmの場合は、a、bは外気に有効に開放されていると判断され
 
 b+c≧1/2(a+b+c)となり床面積不算入。


 2.1.La<2m、Lb<2m、Lc≧50cmの場合は、cのみ外気に有効に開放されていると判断され

 c<1/2(a+b+c+d)となり床面積算入となります。



3








上記の面積算入、不算入場合の判断

 1.La≧4m、Lb≧4m、Lc<4mの場合は、a、bは外気に有効に開放されていると判断され
 
 b+c≧1/2(a+b+c+d)となり床面積不算入。


 2.1.La<4m、Lb≧4m、Lc<4mの場合は、bのみ外気に有効に開放されていると判断され

 b<1/2(a+b+c+d)となり床面積算入となります。




次の場合は、元から床面積に算入しません
@
最上階の階段等で屋根がかかっていない雨ざらしの部分。
A
周囲の外部空間と一体となっている避難階段下で、屋内的用途に使用しない部分。













 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.