ホーム > 住いの知識 > ブロック塀

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet ブロック塀

 
1.はじめに ブロック塀法的
  分類とその関連条文
         
2.組積造としてのブロック塀
   (建築基準法)

3.補強コンクリートブロック
  造としてのブロック塀
  (建築基準法)
  
4.補強コンクリートブロック
  造の塀の建築基準法解説

5.補強コンクリートブロック
  塀の高さと基礎の関係

6.補強コンクリートブロック
  造の塀の高さの算定

7.補強コンクリートブロック
  造の塀の壁厚さ
 
8.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の仕様

9.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋の仕様

10.補強コンクリートブロック
  造の塀の控え壁

11.補強コンクリートブロック
  造の塀の縁切りと端部
  仕様

12.補強コンクリートブロック
  造の塀の透かしブロック
  とは

13.補強コンクリートブロック
  造の塀のブロックと鉄筋

14.補強コンクリートブロック
  造のブロックの種類と
  用途

15.補強コンクリートブロック
  造の塀の配筋

16.補強コンクリートブロック
  造の塀の基礎の配筋

17.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル1

18.補強コンクリートブロック
  造の塀の鉄筋のかぶりと
  モルタル2

19.補強コンクリートブロック
  造の塀の組石時の注意
  事項

20.補強コンクリートブロック
  造の塀への地方自治体
  の対応



 16. 補強コンクリートブロック造の塀の基礎の配筋

 コンクリートブロックに関しては建築基準法施行令 第62条8によっても材質、強度度、等に性能に記載がなく、市販のものであれば間違いではないのですが、(社)日本建築学会のコンクリートブロック塀設計規準7条ブロック塀をつくるための設計・施工全般を建築基準法より細かく、推奨される数値などの規準を定めている)が示されているため、より安全を考慮し、これに従うこととしました。

 @ 基礎の配筋の主筋はD10以上とし、上下に配置します。
 A あばら筋はD10以上とし、主筋に180°フックかぎ掛けとします。
 B あばら筋の間隔は500o以下とします。
 C ベース筋はD10以上とし、間隔は500o以下とします。
    ベース筋の先端にはD10以上の配筋を配置します。


I 型
逆 T 型
L 型












 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.