ホーム > 住いの知識 > 式典

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 式 典


1. 式典の歴史
 (地鎮祭・上棟式の歴史)

2. 式典の種類と実施時期

3. 式典 暦について

4. 式典の準備その1
 (日取り調整と主催者・神
  社・司会者との打合せ)

5. 式典の準備その2
  (式典への案内状・出席
   者・服装)

.6. 式典 地鎮祭その1
  (地鎮祭の進行の概略)

7 式典 地鎮祭その2
(地鎮祭における人の役目)

8. 式典 地鎮祭その3
 (地鎮祭における式次
  第と司会者)

9. 式典 地鎮祭その4
 (直会(なおらい)について)

10. 式典 上棟式その1
 (上棟式はいつ行うか)

11. 式典 上棟式その2
 (木造の上棟式の進行
  の概略)

12. 式典 上棟式その3
 (木造の上棟式における
  人の役目)

13. 式典 上棟式その4
 (鉄骨造の上棟式の進
  行の概略)

14 式典 上棟式その5
 (鉄骨造の上棟式におけ
  る人の役目)

15. 式典 上棟式その6
 (鉄骨造の上棟式式次
  第と司会者)

16. 式典 定礎式その1
  (定礎式の意義と概略)

17. 式典 定礎式その2
(定礎式における人の役目)

18. 式典 竣工式その1
  (竣工式の意義と概略)

19. 式典 竣工式その2
(竣工式における人の役目)

20. 式典の費用など他




   
 7. 地鎮祭その2 (地鎮祭における人の役目)

 地鎮祭で式を順序だてて進めて行く手順と、その意味については、前頁にて説明しました。ここでは、儀式の一つ一つで誰がどのような所役(しょやくと呼びます)、つまり役目としているのかを簡単に説明します。通常は司会者が所役や参列者に対して、必要に指示しますので、参列者はそれに従って行動します。

地鎮祭時の所役
1.手水の儀手水の儀は祭事責任者の指示に従って、次の順番で行います。
 1)建築主関係者
 2)近隣関係者
 3)設計関係者
 4)工事施工者関係者
 5)神職(最後に行います)
2.修祓の儀神職が行います。神職が祭事を行うときには起立や着席を繰りかえすことがあります。
3.降神の儀神職が行います。参列者は起立し、儀が終われば着席します。
4.献饌の儀神職が行います。参列者は座ったままで構いません。
5.祝詞奏上神職が行います。その間参列者は起立し、奏上が終われば着席します。
6.切麻散米神職が行います。参列者は着席のままで構いません。
7.地鎮の儀 
 1.刈初の儀(かりぞめのぎ)
  通常、設計者の代表者が行います

 2.穿初の儀(うがちぞめのぎ)
  1)鍬を使って行う儀は通常、建築主の代表者が行います。

  2)鋤を使って行う儀は通常、施工者の代表者が行います。

 3.鎮物埋納の儀は神職が行います。
 
1.刈穂の儀
かりほのぎ

設計者が鎌で草に見立てた笹を刈りとります。
2.1)穿初の儀(鍬)
うがちぞめのぎ(くわ)

建築主が建築地(盛り砂)に鍬(クワ)を入れます。
2.2)穿初の儀(鋤)
うがちぞめのぎ(すき)

施工者が鋤(スキ)を入れます。
8.玉串奉天玉串奉天は次の順序で各代表者が行います。
 1)神職(以下に続く人のための手本となる様最初に行います。)
 2)建築主
 3)近隣関係者
 4)設計者
 5)工事施工者
9.撤 饌神職が行い。参列者は着席のままで構いません。
10.昇神の儀神職がおこないます。降神の儀に同様に座ったままで、頭をさげています。
11.神酒拝戴盆に載せたカワラケを参列者全員に前より順に配リますので、まずこれを受け取ります。その後お供えの神酒を同様の順序でついで回りますので、これをうけます。
勧盃の後カワラケの回収があり、式は終了です。
 
 この後は、司会者が閉式を告げ、その案内で神職が退場します。










 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.