ホーム > 住いの知識 > 駐車場計画

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 駐車場計画


1. 駐車とは

2. 駐車場に関する法律

3. 自動車の寸法規格

4. 自動車の寸法呼称

5. 最小回転半径につい
  

6. 駐車の必要スペース
  寸法

7. 駐車場の車路の必
  要寸法

8. 駐車スペースの取り方
   (基本寸法)

9. 駐車スペースの取り方
   (平行(縦列)駐車)

10. 駐車スペースの取
   り方
   (角度付き駐車
      20°45°60°)

11. 駐車場 タイプ別の
   長短

12. 立体駐車場の分類

13. 自走式立体駐車場
   設備 (斜路形式)

14. 機械式立体駐車場
   設備

15. 上手な車庫入れの
   方法

      
 6. 駐車の必要スペース寸法

 駐車のための必要スペースの寸法は排気量による車のサイズによって違ってきます。


 スーパーや時間貸しの駐車場では、車が後ろのフェンスやブロックに当てられたり、スペースから大きく飛び出すことのないように、殆どの場合、床に車止めなどを設けています。また、駐車場に設けた設備機器や照明の支柱などで、軽自動車サイズ程度しかスペースが確保できない場合には、当該スペースに「軽」などと表示して注意を促しています。 

 ここでは、最初に排気量別での車の代表例を上げて、その寸法を書き出しました。このページは排気量別による車のサイズから妥当な駐車スペースを割り出したものです。


 軽自動車については現在では660ccで一般的ですが、以前には360ccの時がありました。現在では、殆ど見かけることがなく、下表においては660ccの規格のものを載せ、360cc規格寸法を660ccでカバーできるため記入していません。


 車種別サイズ例については下記のとおりです。 (単位o、数値は丸めています)
 なお、この特集では特に必要な事項ではありませんが、軽自動車のみ「馬力」規制があり、「64馬力以下」とされています。また、4人乗車以下で、最大積載量が350kg以下も定められています。



  車のサイズ(数字は最大の寸法値)
全長
全幅
全高
該当車種
軽自動車
3400
1480
1650
ワゴンR、ミラ、ライフ
小型自動車
4500
1680
1500
 ノート、アクア、フィット
中型車
4800
1700
1500
プリウス、カローラ
ワンボックス
4800
1700
2000
エスティマ、エルグランド
大型車
5100
1880
1500
ベンツSクラス、レクサスLS


駐車スペースの幅と奥行きの決定
理想値車の全長+0,8m (最小値は 車の全長0.2m)
理想値車の全幅+1,2m (最小値は 車の全幅0.5m)
が駐車スペースの目安です。なお、サイドミラーは全幅に含めません。


これを上記の車のサイズに当てはめますと下表の様になります。あくまでも目安です。現実には最小に近い数字になりがちになることが多い。


  駐車スペースの必要サイズ         ( )は最小値
全長全幅該当車種
軽自動車
4200(3600)
2280(1730)
ワゴンR、ミラ、ライフ
小型自動車
5300(4700)
2480(1930)
 ノート、アクア、フィット
中型車
5600(5000)
2500(1950)
プリウス、カローラ
ワンボックス
5600(5000)
2500(1950)
エスティマ、エルグランド
大型車
5900(5300)
2680(2130)
ベンツSクラス、レクサスLS
 ◎この表は排気量車別による車のサイズから妥当な駐車スペースを割り出したものです。駐車の仕方によっては駐車スペースの全長が変わることがあります。

 ◎駐車場の用途によってはもっと大きなスペースも必要となります。

 ◎車の使い勝手によっても駐車幅は変わってきます。それについては
  「駐車スペースの取り方 基本寸法」 をご覧ください。


 幅についてはスペースとしてどんな車を想定するかによって違ってきますが、相当狭い駐車スペースだと感ずるのが、2.2メートルです。これはバックして車を入れるのも、前進で車を入れるのも相当難しいものです。最小幅です。


 この手の駐車場を持つホテルを知っていますが、車と車、車と建物の柱や壁などの接触による物損事故が絶えません。多少の余裕を持ってスペースを採りたいものです







 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.