ホーム > 住いの知識 > 駐車場計画

  《PR》     

用語辞典
広告の見方
住いの知識
住いの安全
住いの設計
住いの設備

 W-Wallet 駐車場計画


1. 駐車とは

2. 駐車場に関する法律

3. 自動車の寸法規格

4. 自動車の寸法呼称

5. 最小回転半径につい
  

6. 駐車の必要スペース
  寸法

7. 駐車場の車路の必
  要寸法

8. 駐車スペースの取り方
   (基本寸法)

9. 駐車スペースの取り方
   (平行(縦列)駐車)

10. 駐車スペースの取
   り方
   (角度付き駐車
      20°45°60°)

11. 駐車場 タイプ別の
   長短

12. 立体駐車場の分類

13. 自走式立体駐車場
   設備 (斜路形式)

14. 機械式立体駐車場
   設備

15. 上手な車庫入れの
   方法

      
 9. 駐車スペースの取り方 平行(縦列)駐車

 一般的な路上駐車パターンが平行(縦列)駐車になります。
 平行駐車は縦列駐車とも言います。車を長手に平行に並べる駐車の仕方です。並列駐車と混同しやすいのですが、並列駐車とは横並び駐車のことで、まるで逆です。


   平行(縦列)駐車
特  徴
 一列に並んで駐車してあるほかの車両と車両の間に、車両を駐車する方法です。自動車は縁石や白線引き囲い枠の長手方向と平行に一列となり、車同士で前バンパーと後バンパーが向き合うこととなります。平行駐車を行うには、まず停める位置を少し通りすぎてから、バックで止める位置にいれていくこととなります。


 車の運転を学ぶにあたって、平行駐車は特に難しいものとされています。前後に並んだ2台の車の間に前進で駐車しようとする場合、間の空きスペースが車の長さの3倍要となります。一方、バックで平行駐車を行うと、車の長さの1.5倍のスペースがあれば駐車することができます。


 初心者は、車の前のスペースをどれだけ取るか、バックするときの角度をどう決めるか、そしてバックしながらどこでハンドルを切るかの「目印」を使って縦列駐車を行っていきます。

 住斜路の右側にも、既に止まっている前の車にも、入れようとするスペースの左側の縁石や壁などにも気を使うなど、三つの注意点が、他のどの車庫入れより難しいものとしています。


図は、車をバックして入れる場合の寸法となります。Lは車の全長、Wは車の全幅を示します。








 W-Walletホームへ                           (C) 2004 W-Wallet.com.